月額250円のレンタルサーバー FC2レンタルサーバーLite

FC2レンタルサーバーLiteは、その名の通りFC2ブログで有名なFC2が運営する2009年10月に開始されたサービスです。低料金かつ初心者向けとなっており、非常に割り切った仕様が特徴のレンタルサーバーです。

基本的にはWebサイトを一つだけ運用可能な仕様となっており、独自ドメインは1個、データベースも1個となっています。サブドメインは10個まで対応ですが、データベース数や少ないディスク容量を考慮すると複数のサイト運営には向きません。

海外のデータセンターなので、国内のサービスと比較してレスポンスが劣ります。この記事を読むと分かりますが、積極的にオススメするポイントのあまりないレンタルサーバーです。

プラン

FC2レンタルサーバーLiteのプランは1つのみです。詳細な仕様については下記を参考にしてください。

料金  
初期費用 2,000円
契約期間: 1ヶ月、3ヶ月 300円/月
契約期間: 6ヶ月、12ヶ月 250円/月

公式サイトに記載されている 250円/月 とは、まとめて6ヶ月以上契約した場合です。それ未満の契約だと 300円/月 となります。契約期間は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月から選択できます。そして、最低利用期間は設定されていないため、一ヶ月だけ利用することもできます。

2週間のお試し期間 があります。手続き時に契約プランに関する項目があり、 「おためしプラン」 を選択すると適用されます。

データセンター

公式サイトをみると、データセンターは 米国西海岸 にあるようです。

世界トップクラス環境のデータセンター

レンタルサーバーLiteで使用しているサーバーは、多重電源や空調設備が整った 米国西海岸 のデータセンターに設置しています。また、日本国内に比べ大地震などの災害リスク対策が整備されており、お客様の大切なデータは世界トップクラス環境で守られています。

実際に調査すると、カリフォルニア州ロサンゼルス付近にあることが分かります。また、FC2本社が隣州のネバダ州にあるため、その周辺にあるデータセンターなのでしょう。しかし、海外のデータセンターだからといって、アダルトサイトが許可されているわけではありません。

コントロールパネル

専用のコントロールパネルが用意されています。レンタルサーバーの仕様がシンプルなので操作項目も少なく、誰でも簡単に利用できます。マニュアルが用意されているため、使用方法で困ることはないでしょう。レスポンスは標準的なもので、ストレスとなることはありません。

転送量制限

転送量に明確な制限はありません。しかし、共用サーバーなので他の利用者に迷惑となる多数のアクセスが発生すると、自動的にリクエストの遮断や帯域調整が行われます。基本的にサーバーの負荷が一定の閾値を超えると、その時点で最も負荷の高いWebサイトへのリクエストが遮断される仕様となっています。

公式サイトに以下のような記述があるため、転送量に制限がないといっても料金なりの上限や制限があると思っておきましょう。

頻繁に「同時接続数制限」対象・「帯域調整」対象が生じはじめた場合、FC2レンタルサーバー, FC2 VPS, FC2専用サーバーへのグレードアップを、FC2では強くおすすめいたします。

これらの上位サービスでは、FC2レンタルサーバーLiteよりも格段の大きな転送量を確保しています。人気ページや大人数でのご利用でも、快適にホームページを表示させることができます。

SSL

独自SSL (専用SSL) には 非対応 です。

共用SSL (共有SSL) には対応しており、 https://server?.fc2-rentalserver.com/~アカウント名/ というURLとなります。

ドメイン

ドメイン  
独自ドメイン 1
サブドメイン 10

独自ドメインは 1つのみ 設定できます。そして、そのドメインに対して 10個 のサブドメインを設定できます。

他にもFC2が保有するドメインを利用できるため、独自ドメインを保有していなくてもWebサイトを公開できます。FC2が保有する bigwave.mobicocoabrown.net (他にも、食べ物系、気持ち系、個性派、動物系、オノマトペ系、カラー系、約60種類) などから自由に選択できます。

ただし、独自ドメインとFC2のドメインは排他設定 (どちらか一方だけ) となります。

FC2では独自ドメインも取り扱っています。FC2で取得・管理している場合、メニューから選択するだけでドメインを設定できます。もちろん他社レジストラ (お名前.comやバリュードメインなど) のドメインを利用することも可能です。その場合、レジストラで下記のネームサーバーに変更する必要があります。Punycodeに変換すれば、日本語ドメインにも対応します。

DNSサーバー  
ネームサーバー1 mdns1.fc2.com
ネームサーバー2 mdns2.fc2.com

DNSレコードの編集が可能となっており、A、CNAME、MX、NS、TXTに対応しています。

データベース

データベース    
MySQL 1 容量: 100MB。5.1.58。
phpMyAdmin 3.5.8.2。
SQLite 3.3.7。PDO関数に対応。SQLite3関数は非対応。

データベースとして MySQL を利用できます。FC2レンタルサーバーLiteで利用できるデータベースは 1つ です。テーブルは自由に操作できますが、データベース自体は契約時に自動設定されたものとなります。

データベース名とユーザー名はサーバーのアカウント名、パスワードはサーバーのパスワードが利用されます。パスワードを変更するには、サーバーのパスワードを変更する必要があります。データベース名とユーザー名は変更できません。

外部からの接続には 非対応 なので、テーブル操作には phpMyAdmin を利用します。

ディレクトリ構造

FC2ではドメインを一つしか設定できないため、自動的に /public_html がドキュメントルート (公開ディレクトリ) となり、変更することはできません。サブドメインについても /public_html/サブドメイン名 のように設定されます。こちらも変更できません。

/home/rslitefc2/users/UserID がFTP等で操作可能なルートディレクトリとなります。公開ディレクトリは /public_html 配下なので、公開したくないファイルは上位ディレクトリに置くと良いでしょう。

FTP

FTP  
アカウント 1

通常のFTPのみ対応しており、FTPS等のセキュアなプロトコルには非対応です。また、アカウントは契約時に発行される 1つのみ です。

パスワードはサーバーアカウントのパスワードと同じものが利用されます。そのため、パスワードを変更するにはサーバーアカウントのパスワードを変更する必要があります。ユーザー名は変更できません。

ファイルマネージャ

コントロールパネルのファイルマネージャ (Webアプリケーション) を利用すれば、FTPクライアントがなくともディレクトリやファイルの操作が可能です。以下のような、基本的なファイル操作に対応しています。

機能
作成、削除、移動、名称変更、パーミッション変更、ダウンロード、アップロード、圧縮、解凍、ベーシック認証

メール

メール  
アカウント 300個
SMTP SMTP-AUTH、SSL/TLS、STARTTLS/STLS、サブミッションポート
IMAP SSL/TLS
POP SSL/TLS
APOP ×

セキュアなプロトコルにも対応しており、必要十分な仕様となっています。IMAPにも対応しているので、パソコンやスマートフォンなど、複数の端末で容易にメールを管理できます。

メールの機能は以下の通りです。

ウイルス対策 ClamAV (Clam Antivirus) 対応。
迷惑メール対策 ×
自動転送 Webメーラー (Round Cube) で設定できます。複数の転送先やメールを残す・残さないの設定も可能です。
自動応答 ×
メールエイリアス メールボックスを持たない 転送専用 のアカウントを作成できます。複数の転送先を設定できます。
フィルタ ×
メーリングリスト ×
メールマガジン ×
Webメーラー Round Cubeが採用されています。
制限
10MB/通が送受信上限となりますが、あくまでも目安です。
送信数に明確な制限はありませんが、スパム行為と判断された場合、アカウントが停止され契約が解除されます。

PHP情報、他の言語

PHPは CGI/FastCGI で動作しています。バージョンは 5.2のみ であり、変更することはできません。2011年にサポートが終了しているバージョンなので不安ですね。

コントロールパネルにPHPの設定を行う項目はありません。php.ini で設定したいところですが、許可されていないようです。また、バージョンが古いため .user.ini も利用できません。

Launguage Ver.
PHP 5.2.17
Python 2.6.5
Perl 5.10.1
Ruby 1.8.7

cron

設定可能数は 5個 となっており、最短実行間隔は 4分 となっています。

cronジョブの設定は非常に簡単です。メニューが用意されているので、そこから選択するだけです。設定後の編集や停止・再開も可能です。ただし、他のレンタルサーバーのように、実行結果をメールで通知する機能はありません。必要であれば sendmail などで対応できます。

ログ

アクセスログ (Apacheの生ログ) とエラーログ (Apache)をダウンロードできます。ログはほぼリアルタイムに更新されているため、すぐにアクセス内容を確認することができます。ただし、ログは自動的に削除されないため少ないディスク容量を圧迫します。ログ保存の有無は変更可能なので、必要な時のみ設定するようにしましょう。

PHPのエラーログは出力されません。PHPの設定が行えず、php.ini も機能しないため、スクリプト内で実装する必要があります。

ソフトウェア

OSは、Ubuntu 10.04.1 LTS のようです。

sendmail nkf gzip
gunzip
zip
unzip
ImageMagick
(convert)
uuencode
uudecode
gcc
× ×
gs lynx elvis traceroute tracepath ping netpbm
× × × × ×
curl wget sh bash GD (PHP) Imagick (PHP) curl (PHP)
×
メモ
インストールされているのを確認しただけです。動作を保証するものではありません。

WordPressセキュリティ機能

他のレンタルサーバーでも採用されていますが、ダッシュボードのログイン画面やダッシュボード自体に日本国外からのアクセスに制限をかけることができます。初期状態で有効となっており、もし海外からダッシュボードにアクセスする場合は無効にする必要があります。

  • アクセス制限が無効となる条件
    • 「wp-login.php」のファイル名を変更している場合
    • 「wp-admin」のディレクトリ名を変更している場合

簡単インストール対応アプリケーション

下記アプリケーションのインストール機能がコントロールパネルに用意されています。

アプリケーション
phpBB、OpenPNE、MediaWiki、ZenCart、Geeklog、WordPress

その他の機能

エラーページ設定
401、403、404、500、503のエラーページを、簡単にカスタマイズ可能です。
非対応
SSH

サポート対応

利用方法などの基本的なトラブルについては、マニュアルやFAQで対応できるでしょう。他のサポートについては メールのみ 対応しており、公式サイトのお問い合わせフォームを利用します。

支払い方法

クレジットカード または FC2ポイント で支払います。FC2ポイントはFC2の全有料サービスで利用できる決済サービスとなっており、FC2IDで管理されます。

支払い方法  
クレジットカード VISA / MasterCard / JCB
FC2ポイント クレジットカード、銀行振込、ペイジー、コンビニ決済

解約方法

コントロールパネルで解約手続きが可能です。

有効期限が残ったまま解約しても、残りの期間分の返金はされません。

まとめ

PHPのバージョンが古いなど、しっかりとメンテナンスが行われている印象がありません。サービス開始当初は料金が安く魅力的なサービスであったかもしれませんが、今では同料金でより優れたレンタルサーバーがいくつもあります。例えば、300円前後となればネットオウルのミニバードがオススメです。

海外サーバーなのでレスポンスが国内のレンタルサーバーに劣ります。また、海外サーバーだからと言ってアダルトサイトに対応しているわけでもありません。もし、海外のIPアドレスが必要な用途があれば、安くて良いサービスなのかもしれませんね。


更新履歴  
2016年03月06日 大幅な加筆を行いました。

関連記事

スペック

1件のプランがあります
プラン Lite
お試し期間14日間
初期費用2,000円
月額費用
(標準)
300円
年間費用
(標準)
5,600円
年間費用は初期費用を含みます。
基本機能Lite
ディスク容量5GB
転送量制限無制限
cron5個
ファイルマネージャ
アクセス解析
アクセスログ
エラーログ
.htaccess
mod_rewrite
バックアップ
プラン変更
マルチドメイン1個
サブドメイン10個
サービスドメイン1個
日本語ドメイン
MySQL1個
PostgreSQL
SQLite
PHP
Perl
Python
Ruby
SSH
FTP
FTPアカウント1個
FTPS
SFTP
WebDAV
共用SSL
独自SSL
メール機能Lite
メールアカウント300個
メーリングリスト
メールマガジン
Webメーラー
転送
自動返信
フィルタ