有料サービス並みのハードウェア性能!エックスドメインのベンチマーク

エックスドメインは独自ドメインの販売をメインとしていますが、高性能な無料レンタルサーバーも提供しています。 スマートフォンやタブレットでアクセスしたときのみ、広告が自動的に表示されるという条件はありますが、とりあえずレンタルサーバーに触れてみたいという初心者におすすめできるサービスです。

ここではエックスドメインが提供するサーバーの処理性能について評価しています。 ネットワーク環境を除いたサーバー単体の性能評価なので、総合的なWebサイトのレスポンス性能については、別の記事を参考にしてください。

エックスドメイン(Xdomain)の全てが分かる
エックスドメインのレビュー

測定方法

WordPressのindex.phpの読み込みに要する時間を測定します。

  • Webサイトの表示速度を測定するために配備したWordPressをそのまま利用します。
    • 表示速度測定からネットワーク環境を省いたものとほぼ等価です。
  • 連続で10回読み込み、合計時間を集計します。

測定項目は以下の2種類となります。

Webサーバー
リクエストからレスポンスまでの時間です。Webサーバーでの処理が全て含まれます。つまり、Webサーバー+PHP+MySQLの総合的な処理時間です。
PHP&MySQL
コンテンツを生成する処理時間です。上記よりWebサーバーを除いたものであり、PHP+MySQLの処理時間となります。

より詳細な内容は下記を参考にしてください。

測定期間

一度きりの測定では全く意味がないため、一定期間の継続した測定を行っています。例えば、訪問者の少ない深夜または早朝に測定すれば、最も良い結果を得ることが可能です。意図的な悪い結果が必要なら、負荷ピーク時に測定すればよいだけです。継続した測定であれば誤った結果を導き出すことを防げます。

測定期間は7日間とし、6分ごとに測定するため約1,600回となります。

一定期間測定することで、負荷が変動する日中、夜間、深夜の差を確認することもできます。例えば、訪問者が多くなり負荷が高くなる夜間と、負荷の下がる深夜との差が小さければ、負荷に強い安定したサービスであることを推測できます。

測定結果

  Webサーバー
Grubbs’ test
Webサーバー
Raw
PHP&MySQL
Grubbs’ test
PHP&MySQL
Raw
有効測定数 1,656 1,680 1,662 1,680
除外数 (割合)
異常値 (標準偏差) [ミリ秒]
24 (1.43%)
3650 (1286)
- 18 (1.07%)
1889 (455)
-
エラー (割合) 0 (0%)
中央値 [ミリ秒] 1823 1824 681 681
平均値 [ミリ秒] 1874 1899 725 738
標準偏差 [ミリ秒] 156 304 109 168
測定結果について
「Grubbs’ test」は、何かしらの原因による一時的な異常値(外れ値)を棄却検定により省いたものです。「Raw」は測定値をそのまま利用した未加工のデータです。
標準偏差(ばらつき)は、処理時間の「約68%が平均値 ± x1」に、「約95%が平均値 ± x2」に収まることを示します。値が小さいほど安定することになります。

エックスドメインの評価

複数のプラン(サーバー)がありますが、ここでは「WordPressサーバー」を利用しています。 利用したPHPはバージョン7です。 PHP7はPHP5と比較して実行速度とメモリ管理が大幅に改善されており、これからWebサイトを運営するならPHP5を選択する意味はほとんどありません。

いきなりですが、エックスドメインのWordPressサーバーの場合、処理性能を評価することにあまり意味はありません。 このサービスはwpXと同じキャッシュ機能を備えており、コンテンツのあるサーバーにはそれほど負荷がかからないからです。 キャッシュを無効化できないため、ほとんどのリクエストはキャッシュサーバーで処理されます。

この測定ではキャッシュが無効となるような方法を採用しており、毎回PHPとMySQLが処理されます。 普通にサイトを運用する場合、意図的に細工しなければこのような状況にはなりません。

測定結果を見ると全体的に安定しており、訪問者の増える夜間でも大きな変動はありません。 棄却検定との差も小さく、非常にばらつきが小さいことも分かります。 他社と比較しても上位クラスの性能であり、無料サービスとは思えないほどの性能です。

FastCGIの効果

  Webサーバー PHP&MySQL
  1st 2nd〜10th 1st 2nd〜10th
平均 [ミリ秒] 1469 48 347 43
中央値 [ミリ秒] 1415 45 311 41
標準偏差 [ミリ秒] 277 9 136 7

こちらもそれほど意味のない結果ですが、エックスドメインのPHPはFastCGIで動作しているため、2回目以降の処理が高速化されます。

10回連続で処理していますが、1回目とそれ以降に大きな差があることが分かります。

ロリポップ!、エックスサーバーとの比較

  エックスドメイン
PHP7.0/FastCGI
ロリポップ!
PHP5.6/Module
エックスサーバー
PHP7.0/FastCGI
有効測定数 1,655 1,632 1,671
除外数 (割合)
異常値 (標準偏差) [ミリ秒]
25 (1.49%)
3650 (1286)
48 (2.86%)
9685 (4082)
9 (0.54%)
2809 (173)
エラー (割合) 0 (0%) 0 (0%) 0 (0%)
中央値 [ミリ秒] 1823 4013 1821
平均値 [ミリ秒] 1874 4170 1809
標準偏差 [ミリ秒] 156 592 104
変動係数 8.3% 14.2% 5.7%
測定結果にについて
変動係数は「平均値に対する変動の割合」を示します。平均値が近い場合、値が小さいほど安定します。

Webサーバー(サーバー+PHP+MySQL)の比較です。

ロリポップ!はスタンダードプランの結果です。 公式サイトではモジュール版PHP対応による高速動作をアピールしていますが、料金なりの性能に留まります。 決して良くないこともありませんが、コストパフォーマンスが高いかと言われると微妙な感じです。 安価なサービスは多くの契約者を詰め込む必要があるため、負荷が変動しやすいと言えます。

同社のエックスサーバーと比較すると、ほぼ同程度の性能であることがわかります。 エックスドメインのハードウェアスペックは非公表ですが、かなり高性能なサーバーが採用されているようです。 数値を詳細に確認するとエックスサーバーがより安定していますが、これは誤差の範囲でしょう。

これらの結果から分かることは、無料サービスとは思えないほどの品質があるということです。 実際のWebサイトの表示速度も優秀なので文句の付けようがありません。

ただし、ディスク容量が少なく、広告も表示されます。 さらに転送量の上限も非公表なので、本格的なサイト運営には適しません。

各サービスの公式サイト
エックスドメイン / ロリポップ! / エックスサーバー

他社との比較

データの無断転載を禁じます。
公式サイト 外部 内部
環境など 平均時間
(ミリ秒)
標準偏差
(ミリ秒)
除外 平均時間
(ミリ秒)
標準偏差
(ミリ秒)
除外
1. エックスドメイン
WordPress PHP7/FastCGI
1874 156 24 725 109 18
2. ミニバード
PHP7/FastCGI
2161 339 55 0 0 0
3. ドメインキング
PHP5/FastCGI
3389 262 11 0 0 0
4. FUTOKA
SSD, PHP7/CGI
3429 276 86 2831 119 5
5. さくらインターネット
PHP7/CGI
4271 351 11 0 0 0
6. IQサーバー
PHP5/Module
5405 242 12 0 0 0
最新のデータを優先的に表示するため、記事の内容と異なることがあります。その場合は、最新の記事を参考にしてください。
比較結果について
異常値は棄却検定(Grubbs’ test)により除外されたデータの平均値です。除外数が多いほど、平均値から外れたデータが多いことになりますが、異常値が小さければそれほど問題がないことになります。

測定結果について
レンタルサーバーは1つのサービス(プラン)に対して多くのサーバーが運用されており、全てを評価することは不可能です。さらに共用サーバーの場合、処理性能は他サイトの負荷に大きく左右されるため、間違いなく当たり外れが存在します。hostingstockで公開している結果はそれらのうちの一つに過ぎませんが、良い結果でも悪い結果でもそのまま掲載します。悪い結果であっても事業者側が「許容範囲内の品質」として提供したサービスである以上、特別な理由がない限り別サーバーでの再測定は行いません。

関連記事