リニューアル直前?仕様的に古さを感じるお名前.com VPSのレビュー

ドメインの取り扱いで有名なお名前.comが運営するVPSサービスです。 さくらインターネットのVPSよりサービスが開始時期が古く、歴史のあるサービスとなっています。

しかし、公式サイトの最新ニュースが2015年9月となっていたり、仕様の古さを感じたりと、お名前.comの主力サービスではないことが分かります。 いまだにストレージがHDDであり、他社と比較して環境が古く、かなりの割高感があります。 もちろん、メンテナンス情報はしっかりと更新されているため、問題があるわけではありません。

おそらくVPSについては、同じGMOグループの「ConoHa」が主力となっているのでしょう。 何を比較してもお名前.comはConoHaを上回る点がありません。 あくまでも推測ですがそろそろリニューアルまたはサービスが終了するような印象もあるため、あえてこちらを選択する理由はないように思えます。

サービス開始時期
2009年9月17日
仮想化ソフトウェア
KVM

料金体系と基本仕様

プラン 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB
初期費用 無料 無料 5,410円 9,220円 15,886円
月額 896円 1,315円 3,696円 7,505円 15,124円
年間一括 9,523円 13,187円 37,065円 75,264円 151,665円
CPU(仮想) 2コア 3コア 4コア 6コア 10コア
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB
HDD 100GB 200GB 400GB 800GB 1TB

料金は税抜きです。

最低利用期間
3ヶ月間。
お試し期間
全プラン15日の無料期間があります。

対応OS

再インストール機能により、いつでもOSを変更することができます。 ISOイメージのマウントにも対応しており、ユーザーが任意のOSを導入できます。

OS バージョン(アーキテクチャ)
CentOS 5.9 (32bit/64bit) / 5.10 (32bit/64bit) / 5.11 (32bit/64bit) / 6.2 (32bit/64bit) / 6.3 (32bit/64bit) / 6.4 (32bit/64bit) / 6.5 (32bit/64bit) / 6.6 (32bit/64bit) / 7.0-1406 (32bit/64bit) / 7.1 (32bit/64bit)
Debian 7 (32bit/64bit) / 8 (32bit/64bit)
Fedora 24 (32bit/64bit)
FreeBSD 9.3 (32bit/64bit) / 10.1 (32bit/64bit)
Ubuntu 12.04 (32bit/64bit) 14.04 (32bit/64bit)
Scientific Linux 6.2 (32bit/64bit) / 6.3 (32bit/64bit) / 6.4 (32bit/64bit) / 6.5 (32bit/64bit) / 7 (64bit) / 7.1 (64bit)
CoreOS Stable (64bit)
Arch Linux (32bit/64bit)

アプリケーション

アプリケーション組み込み済みのOSは用意されていません。 以前はWordPressテンプレート(CentOS、WordPress、Nginx、PHP、MySQL)がありましたが、新規提供は終了しており代替テンプレートもありません。

コントロールパネル

複数のサーバーを一括管理できるコントロールパネルです。

機能 概要
起動など 起動、再起動、シャットダウン、電源OFF。
シリアルコンソール Webブラウザでサーバーの操作(CLI)ができます。
VNCコンソール VNC接続が可能です。
スナップショット 無料でスナップショット(サーバー環境の保存)を取得できます。ディスク使用量が50%を超えている場合は利用できません。
リソース情報確認 CPU、トラフィック、ディスクI/Oを確認できます。
ディスク構成変更 基本ディスクと追加ディスク、それぞれの容量を変更できます。例えば、OS領域とデータ領域とを分けることで、OSのみ入れ替えることができます
VirtIO 完全仮想化と準仮想化方式を切り替えることができます。
ビデオデバイス設定 高解像度対応の仮想ビデオデバイスへ変更できます。デスクトップ環境として利用する場合などに便利です
DNS逆引き設定 IPアドレスの逆引きレコードを変更できます。
SSH Key Pair SSHの鍵ペアを生成・管理できます。最大20個です。
操作ログ 過去1年分の操作ログを確認できます。

ネットワーク

データ転送量は無制限です。

回線速度
WAN 100Mbps(共有)
IPアドレス(固定)
IPv4が一つです。IPアドレスの追加やIPv6には対応していません。

DNS

DNSサーバーの提供はないため、ドメインを管理するレジストラ(リセラー)のDNSサーバーを利用しましょう。 例えば、独自ドメインをお名前.comで取得していれば、お名前.comのDNSサーバーでドメインの設定(ドメインとIPアドレスの紐付け)を行います。

SSLサーバー証明書

お名前.comでSSLサーバー証明書を取り扱っていますが、VPSなので他社で取得した証明書を持ち込むことが可能です。予算を抑えるなら無料の「Let’s Encrypt」を使用してもよいでしょう。

お名前.comで取り扱っている証明書はグローバルサインのクイック認証SSL(ドメイン認証タイプ)のみです。

証明書料金      
利用期間 6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月
クイック認証SSL 12,800円 24,000円 48,000円

料金は税抜きです。

その他の機能やサービス

お名前.conのVPSは非常にシンプルなサービスであり、紹介している以外の機能はありません。

非対応

ローカルネットワーク(プライベートネットワーク)接続に非対応なので、複数のVPSを契約して、複数のサーバーを連携することはできません。 ロードバランサーにも非対応です。

その他
SLA(品質保証制度) / バックアップ / 作業代行サービス

プラン変更

手続き的にはプラン変更に対応していますが、データが初期化されるため意味がありません。 差額も発生するため、新規に契約するのと同じです。 特に下位プランへの変更は、差額は発生しないものの支払い済みの料金は返金されないため、意味がないどころか損をします。 このような仕様なら最初からプラン変更非対応でよいのでは思ってしまいます。

サポート対応

メール、電話、チャットの3種類です。チャットについては、一時的に閉鎖となっており、再開時期は未定となっています。

サポート  
電話 東京(03)までの通話料が必要です。技術的な内容は24時間年中無休対応、事務手続きに関しては平日10:00〜19:00となります。
メール 24時間受付です。お問い合わせフォームを利用します。

支払い方法

支払い方法  
クレジットカード VISA / MASTER / JCB / DINNERS / American Express
銀行振込 手数料はユーザー負担です。
コンビニエンスストア セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、セイコーマート。150円/回の手数料が必要です。
請求書払い コンビニエンスまたは銀行で利用できる請求書が郵送されます。請求書発行手数料300円/回が必要です。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ampm、ミニストップ、サンクス、サークルK、スリーエフ、デイリー ヤマザキ、ポプラ、コミュニティストア、セイコーマート、Coco、SAVE ON、SPAR、エブリワン、MMK設置店。
口座振替 口座振替依頼書の郵送が必要です。口座登録完了まで1〜2ヶ月かかるため、それまでは他の支払い方法を利用します。

まとめ

WordPress対応テンプレート(OS)の新規提供が終了のままとなっていたり、 IPv6への対応が「対応予定」のまま放置されていたりと、公式サイトを少し見ただけでもチカラの入れなさ具合が分かってしまいます。 いまだにSSD非対応なので、ハードウェアが更新されていない可能性が高く、今からこのサービスを選択する意味はありません。 大幅なリニューアルを控えている可能性も高く、お名前.comを検討しているのであれば、もう少し様子を見た方がよいでしょう。

同じGMOグループであればConoHaが仕様的に充実しており、他社と比較してもおすすめのサービスとなっています。 詳しくは ConoHaのレビュー をご覧ください。