Bizメール&ウェブ エコノミーで他社のドメインを利用する方法

NTTコミュニケーションズが運営する Bizメール&ウェブ エコノミー (以下Bizメール&ウェブ) では、他社レジストラ&リセラー (以下レジストラ) で管理しているドメインを利用することが可能です。バリュードメイン等のドメイン専門サービスと異なり、Bizメール&ウェブのドメイン更新料は割高です (表参考)。つまり、予算を抑えるのであれば他社管理のドメインを利用することになるでしょう。

ドメイン種別 新規登録/移管 更新費用
gTLD 無料 2,800円
汎用JP 無料 4,500円
属性型JP 無料 5,000円

利用するドメインは契約時に決定されます。一般的なレンタルサーバーであれば、契約後にドメインを変更できますが、Bizメール&ウェブはマルチドメイン非対応なので、契約時に決定したドメイン以外に変更することができません。契約前に、どのドメインを利用するかしっかりと検討するとよいでしょう。

他社管理のドメインでも全く問題ありませんが、ネームサーバー (DNSサーバー) が提供されないため、ユーザー自身でDNSの設定を変更することになります。ここでは、Bizメール&ウェブで他社のドメインを設定する方法を説明します。

サーバーのIPアドレスを確認する

Bizメール&ウェブの特徴の1つに「固定IPアドレス (グローバルIPアドレス)」の付与があります。一般的なレンタルサーバーであれば、ひとつのIPアドレスを複数のサイト (ドメイン) で共有するため、IPアドレスであなたのサイトにアクセスすることはできません。しかし、固定IPアドレスが割り当てられるため、ドメインでなくともWebサイトにアクセス可能です。とは言え、Webサイトを運営するだけならなくても困るものではありません。

もし、SSL対応 (HTTPS対応) とするなら固定IPアドレスは有用です。他社であれば固定IPアドレスは有料オプションですが、Bizメール&ウェブであればSSLサーバー証明書の料金のみで対応できます。もちろん他社で取得した証明書を持ち込むことができます。

話はそれましたが、サーバーのIPアドレスを確認しましょう。

  • マイページにログインします。
  • 「ホスティング情報」にサーバーのIPアドレスがあります。
  • このIPアドレスをメモしておきます。

試しにブラウザのURL欄にこのIPアドレスを入力してみましょう。ドメインでなくともあなたのWebサイトへアクセスできることを確認できるはずです。

レジストラでの設定変更 (スタードメイン)

ここではスタードメインを例に、DNSレコードの編集方法を説明します。レジストラにより操作方法は異なりますが、基本的な設定は全く同じです。

  • スタードメイン (ネットオウル) のコントロールパネルにログインします。
  • 管理ドメイン一覧を表示します。
  • Bizメール&ウェブに利用するドメインの「ドメイン管理ツール」をクリックします。

ネームサーバーの変更

  • ドメインの情報が表示されます。
  • 「ネームサーバーの確認・変更」をクリックします。
  • ネームサーバーを「スタードメイン」に設定します。
  • お手軽設定で「スタードメイン専用」を選択すると自動入力されます。
  • 「設定する」をクリックします。

DNSレコードの編集

  • 「DNSレコード編集」をクリックします。
  • レコード編集画面が表示されます。
  • 「レコード一括編集」タブを選択します。
  • 図のように「Aレコード」をBizメール&ウェブのIPアドレスに置き換えます。
  • 「確認画面」をクリックして、編集を終えます。

これで「基本的な」設定は完了です。設定に間違いがなければ、しばらくしてBizメール&ウェブのサーバーにアクセスできるようになります。

他にもメールを利用するのであれば「SPF (Sender Policy Framework)」の設定も必要です。設定しなくてもメールを利用できない訳ではありませんが、迷惑メールと判断される可能性があります。SPFを設定することで、正規のサーバーから送信されたメールであることを証明できます。

他のレジストラの場合

詳しくは説明しませんが、どのようなレジストラであってもDNSレコードの編集機能は備わっています。設定方法は異なりますが、基本的な手続きに変わりはありません。

お名前.comの場合

バリュードメインの場合

バリュードメインはテキストを編集する形式なので、少し敷居が高いかもしれません。

ムームードメインの場合

DNSレコード編集の注意点

これらの設定で、独自ドメイン (例 example.com) でBizメール&ウェブのレンタルサーバーにアクセスできるようになりますが、少しだけ注意があります。

  • DNSの設定変更はすぐに反映されません。そのため変更前のアクセス先を参照することや、エラーが発生することがあります。設定に間違いがなければ、しばらく待ちましょう。
  • OSやWebブラウザが変更前のDNS情報をキャッシュしていることもあります。必要に応じてキャッシュの削除が必要です。普段利用していないブラウザを利用すると正常に動作することがあります。

関連記事