レンタルサーバー クローバー(Clouver)にWordPressをインストールしてみよう

クローバーのレンタルサーバーにWordPressをインストールするのは非常に簡単です。

簡単インストール機能のあるレンタルサーバーは多くありますが、クローバーは他社と比較してかなり良くできています。初心者には難しく感じるデータベースが自動的に設定されるため、データベースの存在を意識することがありません。

管理ツールを開く

  1. ネットオウルの管理ツールを開きます。
  2. サイドメニューにあるクローバー管理のサーバーアカウント一覧を選択します。
  3. WordPressをインストールするサーバーIDのサーバー管理ツールを選択します。

インストールするドメインを選択する

  1. サーバー管理ツールが表示されたら、メニューの簡単インストールを選択します。
  2. WordPressをインストールするドメインを選択します。

もし独自ドメインで運用する場合は、インストールの前に以下の記事を参考にして独自ドメインを登録してください。スタードメイン以外で取得したドメインを利用する場合は、ミニバードの記事を参考にしてください。

アプリケーションを選択する

選択したドメインにインストールされているアプリケーションが表示されます。初期状態では何もありません。

タブの追加インストールをクリックします。

簡単インストールに対応しているアプリケーション(CMSなど)が表示されるので、WordPressのインストール設定をクリックします。

WordPressの設定

WordPressのインストールに必要な情報を登録します。

  • データベース情報
    • 自動でデータベースを生成するを選択します。何らかの理由でデータベースを手動で設定したい場合は、作成済みのデータベースを利用するを選択すると、データベースの設定欄が表示されます。予めデータベースを作成しておく必要があります。
  • インストール先
    • WordPressをインストールするディレクトリを決定します。下記のページを参考にしてください。
  • ブログ名
    • ブログのタイトルとして表示されます。
  • ユーザ名とパスワード
    • WordPressの管理ツールへのログインに利用します。忘れないようにメモしておきましょう。
  • メールアドレス
    • WordPressで利用されるアドレスです。例えば、あなたのブログにコメントがあった時の通知に利用されます。

インストール後に変更可能です。

入力が終わったら確認画面をクリックします。

確認画面

間違いがなければ確定するをクリックします。データベース情報は基本的に気にする必要はありませんが、トラブル時にデータベースにアクセスする必要があるのでメモしておきましょう。

これでWordPressのインストールが完了しました。

  • ログインフォームのURL(http://example.clouver.jp[選択したドメイン]/wp/wp-login.php)にアクセスすると、管理ツールのログイン画面が表示されます 。インストール時に設定したアカウントでログインできます。
  • http://example.clouver.jp/wp/にアクセスすると、WordPressのサンプル記事が表示されます。

関連記事