PHP7対応で処理性能が大幅に改善!バリューサーバーのベンチマーク結果と比較

前回の測定 から約1年が経過しました。前回の測定以降、バリューサーバー(VALUESERVER)ではPHP7やSNI SSL(TLS拡張)に対応するなど、しっかりとメンテナンスが実施されているようです。詳しくは バリューサーバーのレビュー をご覧ください。

レンタルサーバーを検討する際、重要なポイントはウェブサイトのレスポンスです。遅すぎる表示速度は訪問者にストレスを与え、さらに検索エンジンの評価も下がります。もう一つは処理性能であり、表示速度はもちろんのこと高負荷時(アクセス増時)の安定性に影響します。

この記事ではバリューサーバーの処理性能を評価した結果を掲載します。サーバーの処理性能はレスポンス性能や安定性能に大きく影響するため、レンタルサーバー選びでは重要な要素です。

測定方法

WordPressをインストールしたウェブサイト(サーバー)を利用します。

  • 「ランダムな3,000文字/記事」の投稿と削除
    • 100記事をまとめて投稿、投稿後に全削除
    • 1記事ごとの生成処理を含む
  • 投稿と削除はWordPressの標準関数を利用
    • wp_insert_post、wp_delete_post

これらの処理を 5分間隔 で実行し、一連の処理時間を測定します。つまり、 PHPとデータベースの処理性能 を確認します。データセンター内(またはサーバー内)で完結する処理なので、外部ネットワーク環境の影響を受けません。

負荷について
100件程度は大した負荷ではありません。しかし、共用サーバーなので高負荷とならないように、1件ごとにwait処理を差し込んでいます。

測定結果

  PHP7.0 PHP5.6
有効測定数 856 864
棄却検定除外 0.23%(2) 0%(0)
棄却検定閾値 3.57秒 7.68秒
エラー 0.93%(8) 0%(0)
中央値 2.12秒 5.23秒
平均値 2.15秒 5.31秒
ばらつき 0.32秒 0.56秒
変動係数 14.9% 10.6%
測定結果について
72時間(3日間) の測定結果です。X軸は時刻(0時~24時)を表し、各時刻の値は3日間の平均値です。有効測定数はエラーを省いた実測定数です。
測定のタイミングによりサーバーの負荷状態(混雑具合)が変動します。集計に影響を与える一時的な異常値(外れ値)を棄却検定「Grubbs’ test(α=0.001)」により省いたデータも掲載しています。
ばらつき(標準偏差)は、処理の 約68%平均値 ± ばらつき に、約95%平均値 ± ばらつき×2 に収まることを示します。つまり、ばらつきが小さいほど処理性能が安定しているといえます。
エラー内容  
PHP7.0 [8] HTTP/1.1 500 Internal Server Error データベース接続確立エラー [8]

バリューサーバーの評価

PHP7.0(CGI)、PHP5.6(モジュール/標準)で測定しています。バリューサーバーは標準の5.6のみモジュールモード、それ以外のバージョンはCGIモードで動作します。

同時期かつ同じサーバーで測定しているため、時間帯による変動は似たようなものとなっています。負荷による変動はありますが、棄却検定による除外数の少なさから安定していることが分かります。つまり、極端な性能低下が発生しにくいということです。特にPHP5.6(モジュール)が安定しています。

前回の測定 と比較して改善されています。特にPHP7(前回は非対応)にすることで、大幅に処理速度が改善(約60%の高速化)されることが分かります。PHP7の結果は他のサービスと比較してもトップクラスの性能です。

PHP7はある時間帯に集中してエラー(8件)が発生しました。サーバーのトラブルかと思いましたが、同時期に測定したPHP5.6ではエラーが発生していません。エラーの内容は「データベース接続エラー」となっていますが、どちらも同じデータベースに接続しています。PHPのバージョンは関係ないと思いますが、バリューサーバーの公式サイトではモジュール(5.6)が推奨されているため、PHP7で不具合があるなら、PHP5.6にすることをおすすめします。

さくらインターネット、エックスサーバー、ロリポップ!との比較

変動係数
変動係数は「平均値に対する変動の割合」を示します。平均値(処理時間)が同じであっても変動係数が大きい方の処理時間がばらつくことになります。
  バリューサーバー
(PHP7.0 CGI)
さくらインターネット
(PHP5.6 CGI)
エックスサーバー
(PHP7.0 CGI)
ロリポップ!
(PHP5.6 モジュール)
有効測定数 856 864 864 858
棄却検定除外 0.23%(2) 0.93%(8) 1.27%(11) 0.58%(5)
棄却検定閾値 3.57秒 7.73秒 3.41秒 4.52秒
エラー 0.93%(8) 0%(0) 0%(0) 0%(0)
中央値 2.12秒 5.59秒 2.23秒 3.86秒
平均値 2.15秒 5.71秒 2.28秒 3.87秒
ばらつき 0.32秒 0.45秒 0.25秒 0.17秒
変動係数 14.9% 7.88% 11.0% 4.39%

他社サービスと比較してみましょう。

比較対象はさくらインターネット(SAKURA)、エックスサーバー(XSERVER)、ロリポップ!(Lolipop!)です。ロリポップ!は上位プラン(スタンダード以上)と下位プランで性能差があります。ここでは、スタンダードプランを利用してます。

それぞれ処理性能に差はありますが、バリューサーバーを除けば800回以上の測定にも関わらずエラーは発生していません。突発的なアクセスでもない限り、不安定になることはないでしょう。どのサービスもウェブサイトの表示速度は平均以上となっています。

さくらインターネットのウェブサイト表示速度は平均的であり、可も不可もない性能です。処理性能もそれほど高くなく、良くも悪くも標準的なサービスとなっています。仕様(機能)も標準的であり、契約して後悔することはありませんが、他サービスとの比較は必要でしょう。

ロリポップ!は平均的な処理速度です。スタンダード以上はモジュールモード(5.6)に対応しており、下位プランと比較してウェブサイトの表示速度が改善されます。ロリポップ!を選択するならスタンダード以上でなければ意味がありません。

これらの中で最も優れているのはエックスサーバーです。おそらく一般的なレンタルサーバーでは最高スペックのハードウェアを採用しており、処理性能だけでなく、実際のウェブサイトの表示速度も群を抜きます。比較対象の中ではやや高価なサービスですが、ウェブサイトを安定して運営したいのであればおすすめです。

性能や仕様(機能)を考慮すればバリューサーバーのコストパフォーマンスはかなり高いと言えるでしょう。初期費用無料のコアサーバーを選択する方が多いようですが、全体的な性能はバリューサーバーが上回ります。

比較対象サービスのレビュー
エックスサーバー / さくらインターネット / ロリポップ!

他のレンタルサーバーとの比較

プロバイダ 平均値 (秒) 中央値 (秒) ばらつき エラー率 Grubbs'
test
データの無断転載はご遠慮ください。
1. CPI 1.70 1.67 0.07 0.00
2. wpXレンタルサーバー(PHP7/CGI) 1.82 1.83 0.22 0.00
3. エクスクラウド 1.94 1.95 0.07 0.00
4. Z.com(PHP7/CGI) 2.02 2.00 0.14 0.00
5. バリューサーバー(PHP7) 2.15 2.12 0.32 0.00
6. WADAX 2.16 2.17 0.08 0.00
7. MixHost(PHP7) 2.17 2.13 0.24 0.00
8. JETBOY 2.18 2.15 0.30 0.00
9. wpXクラウド 2.24 2.25 0.28 0.00
10. エックスサーバー(PHP7/FastCGI) 2.28 2.23 0.25 0.00
11. wpXレンタルサーバー(PHP5/CGI) 2.40 2.41 0.27 0.00
12. Z.com(PHP5/CGI) 2.41 2.39 0.15 0.00
13. Quicca 2.52 2.43 0.33 0.00
14. コアサーバー(PHP7) 2.71 2.68 0.34 0.93
15. Hostinger 2.72 2.66 0.37 4.22
16. シックスコア(PHP7/FastCGI) 2.73 2.70 0.30 0.00
17. エックスサーバー(PHP5/FastCGI) 2.73 2.68 0.27 0.00
18. アルファメール 2.86 2.86 0.09 0.00
19. MixHost(PHP5) 3.03 2.96 0.38 0.00
20. FUTOKA 3.10 3.15 0.31 0.00
21. ヘテムル(PHP7/Module) 3.11 3.12 0.08 0.00
22. エックスドメイン(PHP&MySQL) 3.11 3.01 0.33 0.00
23. FC2レンタルサーバー 3.13 3.14 0.07 0.00
24. ドメインキング(PHP5/FastCGI) 3.14 3.09 0.21 0.00
25. ラクサバ 3.14 2.90 0.63 0.00
26. WPblog 3.14 2.96 0.68 0.00
27. ヘテムル(PHP7/CGI) 3.19 3.19 0.13 0.00
28. Zenlogic 3.20 3.18 0.11 0.00
29. コアサーバー(PHP5) 3.51 3.47 0.39 0.93
30. シックスコア(PHP5/FastCGI) 3.61 3.60 0.40 0.00
31. クローバー 3.64 3.60 0.29 0.00
32. エックスドメイン(WordPress) 4.18 3.89 1.09 0.00
33. お名前.com(PHP7) 4.22 4.07 0.47 0.00
34. スマイルサーバ 4.22 4.27 0.30 0.00
35. Sova WP 4.42 4.43 0.18 0.00
36. X2 4.50 4.47 0.58 0.00
37. ロリポップ!(PHP5/CGI) 4.56 4.45 0.56 0.00
38. お名前.com(PHP5) 4.96 4.86 0.45 0.00
39. ロリポップ!(PHP5/Module) 5.12 4.96 0.80 0.00
40. フレンドサーバー(PHP7) 5.16 4.24 2.23 0.00
41. ちゅらうみレンタルサーバー 5.18 4.69 1.24 0.00
42. COREPRESS Cloud 5.25 5.21 0.32 0.00
43. ファイアバード(PHP7) 5.25 5.17 0.37 0.00
44. FC2 Lite 5.31 5.32 0.11 0.00
45. バリューサーバー(PHP5) 5.31 5.23 0.56 0.00
46. ミニバード(PHP7) 5.67 5.52 0.74 0.00
47. さくらインターネット 5.71 5.59 0.45 0.00
48. ファイアバード(PHP5) 5.88 5.80 0.36 0.00
49. iCLUSTA+ 6.05 5.92 0.58 0.00
50. フレンドサーバー(PHP5) 6.45 5.15 2.64 0.00
51. ミニバード(PHP5) 6.45 6.33 0.77 0.00
52. KAGOYA 6.52 6.49 0.76 0.00
53. Z.com WordPress(PHP5/FastCGI) 6.64 6.67 0.33 0.00
54. Bizメール&ウェブ エコノミー 6.90 6.91 0.13 0.00
55. ロリポップ!(ライト) 7.41 6.93 2.16 0.00
56. Webcrow 8.30 7.31 3.55 0.00
57. XREA 14.40 9.34 14.00 7.60
58. エックスドメインWordPress PHP7/FastCGI 1,874.00 1,823.00 156.00 0.00
59. ミニバードPHP7/FastCGI 2,161.00 2,069.00 339.00 0.00
60. ドメインキングPHP5/FastCGI 3,389.00 3,375.00 262.00 0.06
61. FUTOKASSD, PHP7/CGI 3,429.00 3,398.00 276.00 0.00
62. さくらインターネットPHP7/CGI 4,271.00 4,156.00 351.00 0.00
63. IQサーバーPHP5/Module 5,405.00 5,409.00 242.00 0.00

hostingstock.netで測定した他レンタルサーバーとの比較です。

注意
最新の測定結果を優先的に表示するため、記事作成時の評価とこの比較結果(表のデータ)が異なる可能性があります。

バージョン別データ

PHP5.6

結果 有効測定数 除外数 棄却閾値 エラー 中央値 平均値 ばらつき
Raw(未加工) 864回 0%
(0回)
5.23秒 5.31秒 0.56秒
棄却検定 0%
(0回)
7.68秒 5.23秒 5.31秒 0.56秒

PHP7.0

結果 有効測定数 除外数 棄却閾値 エラー 中央値 平均値 ばらつき
Raw(未加工) 856回 0.93%
(8回)
2.12秒 2.16秒 0.33秒
棄却検定 0.23%
(2回)
3.57秒 2.12秒 2.15秒 0.32秒

測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス(プラン)に対して多くのサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他のユーザーの負荷も影響します。

関連記事