WordPress最速レスポンスを誇るwpXレンタルサーバーの評価と比較

wpXはエックスサーバー社が運営するWordPress専用のレンタルサーバーです。wpXの特徴はWordPress専用のチューニングが施されたキャッシュシステムと高性能なハードウェアの採用です。WordPressの運用に特化することでリーズナブルな料金設定ながらも最速クラスのレスポンス性能を実現しています。

wpXには「レンタルサーバー」と「クラウド」の2種類のサービスがあります。ここの評価はレンタルサーバーの評価となりますが、クラウドでも基本的な仕様は変わらないため参考になるでしょう。レンタルサーバーとクラウドの違いは下記を参考にしてください。

レンタルサーバーを選択する際、最も大切なポイントは「ウェブサイトのレスポンス性能」です。いくら豊富な機能に対応していても、運営するサイトのレスポンスが悪ければ意味がありません。訪問者を自分に置き換えて考えれば、なかなか開かないページにイライラすることは想像に難くないでしょう。さらにレスポンスの悪さは検索エンジンの評価に悪影響を与えます。

ここではwpXレンタルサーバーで稼働しているウェブサイトのレスポンス性能を評価し、他のレンタルサーバーとの比較を行います。

測定方法

測定用サーバーから定期的にアクセスして、ウェブページの取得に要する時間を測定します。測定対象として 動的ページ静的ページ があります。

動的ページ
WordPress によるサイト(PHP&データベース)
コンテンツは平均的なウェブページの構成を採用(HTTP Archiveの統計データを利用)
静的ページ
htmlファイルによるサイト
WordPressが生成したデータをhtmlファイル化

測定期間

測定期間は 7日間 です。

一度きりの測定では意味がないため、一定期間の継続した測定を行っています。「たまたま利用者が少なくレスポンスが良かった」「一時的なトラブルが原因でレスポンスが悪かった」という、誤った結果となることを(完全ではありませんが)防げます。

一定期間測定することで、利用者数(訪問者数)が変動する日中、夜間、深夜の差を確認することもできます。例えば、利用者の少ない深夜と、利用者の多い日中との差が小さければ、負荷に強いサーバーということを推測できます。

測定経路

wpXは同社のエックスサーバー等と同様に、さくらインターネットの大阪データセンターで運用されています。ネットオウルのレンタルサーバーやSova WPでも採用されており、高性能かつ安定性のある高品質なデータセンターです。

経路図は測定元からデータセンターまでのネットワークを示しており、経由するIX(インターネットエクスチェンジ)等を含みます。測定元はK-Opticom(インターネットプロバイダ)のネットワーク内、関西圏(赤い円)にあるサーバーです。

測定用サーバーは 測定専用 として測定以外の処理は行っていません。

ネットワーク環境
eo光(K-Opticom/関西電力)100Mタイプ
ルーターとサーバーは有線接続

測定結果

  動的ページ 静的ページ
有効測定 4,032回 4,032回
棄却検定除外 2.46% (99) 0.15% (6)
棄却検定閾値 0.50秒 1.40秒
エラー 0% (0) 0% (0)
3秒以上 0.02% (1) 0.02% (1)
中央値 0.22秒 0.54秒
平均値 0.24秒 0.43秒
ばらつき/標準偏差 0.05秒 0.20秒
測定結果について
有効測定はエラーを省いた回数を示します。
測定実行のタイミングによりサーバーやネットワークの状態(混雑具合)が変動します。集計に影響を与える一時的な異常値(外れ値)を棄却検定「Grubbs’ test*(α=0.001)」により省いています。これは測定サーバー側の異常を省く意味もあります。
生データ(未加工データ)の測定結果は最後に掲載しています。
ばらつき(標準偏差)
統計的な話ですが、レスポンスの 約68%平均値 ± ばらつき に、 約95%平均値 ± ばらつき×2 に収まることを示します。つまり、ばらつきが小さいほどレスポンスが安定していることになります。

レスポンスの基準

様々な調査結果により 3秒 という時間がレスポンス性能のキーワードとなります。

コンテンツが表示されるまでに3秒を超えてしまうと、

  • 訪問者の40%がサイトから離脱(データによっては57%)
    • 訪問者の47%は2秒以内の読み込みを希望
  • 訪問者の79%は、そのサイトを再訪しない

レスポンス性能の影響は様々です。

  • 1秒遅くなると、ページビュー11%減、コンバージョン率7%減、顧客満足16%減
  • 10万ドル/日を売り上げるサイトであれば、1秒の遅れで250万ドル/年の損失
    • Amazonであれば1秒の遅れで、16億ドルの機会損失
  • モバイル環境(スマートフォンなど)ではネットワーク環境が貧弱なこともあり、より厳しい評価となります

快適なWebサイトの条件は、 「最低でも3秒以内」 「理想は2秒以内」 のレスポンスとなります。それを越えてしまうと、どうしても必要な情報がない限り目に触れる機会すらなくなります。

参考
How Loading Time Affects Your Bottom Line
The Cost of Poor Web Performance – INFOGRAPHIC

wpXレンタルサーバーの評価

2016年8月の時点では最速の結果となりました。

WordPressの運用に限れば間違いなく 国内最速 のレンタルサーバーです。「誰でも利用できる、一般的なサービスの中で」という条件はつきますが、同程度のレスポンスを実現するには技術的にも金銭的にも個人では難しいでしょう。これだけの性能をわずか「1,000円/月〜」で簡単に利用できるのはすごいことです。

手放しに褒めてもよいのですが、気になる部分を細かく見ていきましょう。

グラフで気になる部分は「定期的なレスポンス低下」です。やはりwpXであっても他のレンタルサーバーと同様に、訪問者増加による負荷の影響はあるようです。そのため訪問者が最も多くなるであろう夜間にレスポンスが低下する傾向にあります。

この測定期間に限れば22時前後がピークとなっています。しかしながら、遅くなるといってもわずか「0.05秒程度」の差です。他のレンタルサーバーと同じスケール(尺度)でグラフを作成すれば、この傾向は隠れてしまうほど僅かなものです。

棄却検定による除外数(2.5%)は少なくありません。そもそも閾値がわずか「0.5秒」であり、他のレンタルサーバーなら全て除外対象となるほど小さな値です。除外データを含む平均値は0.25秒(+0.01秒)であり、除外されたデータが異常に悪いわけではないことが分かります。

静的ページの結果について

静的ページ(非WordPress)は少し不思議な結果となっています。

他のレンタルサーバーと比較すると優秀ですが、なぜか動的ページの結果に劣っています。やはりWordPress専用のキャッシュ機能となっているため、このようなWordPressの範囲外にある静的ページにはあまり効果がないのかもしれません。

そもそもイレギュラーな使い方なので、この結果はあくまでも参考値としてください。分かることはキャッシュ機能の影響がなくてもレスポンスが速いということです。

エックスサーバー、シックスコアとの比較

測定結果について
動的ページ(WordPress)の比較となります。グラフのX軸は7日間を4時間毎に区切ったものです。また、色の付いている部分は夜間(18:00~02:00)を示しています。
変動係数は「平均値に対する変動の割合」を示します。平均値(処理時間)が同じであっても、変動係数が大きい方の処理時間がばらつくことになります。
  wpX シックスコア シックスコア(Xキャッシュ) エックスサーバー
有効測定 4,032回 4,032回 4,032回 4,029回
棄却検定除外 2.46% (99) 1.26% (51) 1.29% (52) 0.60% (24)
棄却検定閾値 0.50秒 1.17秒 0.72秒 1.12秒
エラー 0% (0) 0% (0) 0% (0) 0.07% (3)
3秒以上 0.02% (1) 0.35% (14) 0.10% (4) 0% (0)
中央値 0.22秒 0.50秒 0.25秒 0.55秒
平均値 0.24秒 0.47秒 0.29秒 0.49秒
ばらつき/標準偏差 0.05秒 0.14秒 0.09秒 0.15秒
変動係数 20.8% 29.8% 31.0% 30.6%

エックスサーバー社のwpXということで、比較対象も同社のサービスとなるでしょう。おそらくwpXを検討しているユーザーは、エックスサーバーとの比較が気になるはずです。さらに同社のフラグシップサービスであるシックスコアとも比較してみましょう。

やはりキャッシュが効果的に機能しているため、上位サービスであるシックスコアでもwpXには及びません。まあ、キャッシュの仕組みを考えれば、このような結果となるのは当然です。

これらのサービスはほぼ同じハードウエアが採用されていますが、さらにwpXはSSD(ストライピング/RAID0)が加わります。単純なハードウェア性能では、エックスサーバー社の中で最上位のサービスとなっています。これに専用のキャッシュシステムが加わるため、汎用的なサービスでは太刀打ちできません。

しかし、シックスコアには独自の「Xキャッシュ」というキャッシュ機能があります。これを有効にすることで、wpXのレスポンス性能に近づけることができます。ただし、設定項目が少ないため、wpXのように細かい調整はできません。

エックスサーバーも上位サービスに迫る性能がありますが、シックスコアのようなキャッシュ機能もないため、wpXとの差は埋めようがありません。

WordPressのみ利用するならwpXが間違いなくおすすめです。より信頼性や汎用性も必要であれば、「Xキャッシュ」を備えるシックスコアが選択肢となるでしょう。もちろんエックスサーバーもおすすめであり、これらの中から選択して後悔することはまずありません。

比較対象レビュー
エックスサーバー
シックスコア

他のレンタルサーバーとの比較

動的ページ
(PHP&MySQL)
静的ページ
(HTMLのみ)
Grubbs'
test
平均時間 (秒) ばらつき (秒) 平均時間 (秒) ばらつき (秒)
データの無断転載はご遠慮ください。
1. wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
2. wpXレンタルサーバー 0.24 0.05 0.43 0.20
3. WPblog 0.25 0.06 0.26 0.08
4. シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
5. Z.com WordPress 0.37 0.08 0.36 0.05
6. COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
7. エックスサーバー(PHP7) 0.40 0.12 0.23 0.03
8. エックスドメイン(WordPressサーバー) 0.42 0.20 0.40 0.15
9. Sova WP 0.43 0.21 0.43 0.31
10. JETBOY(PHP7) 0.46 0.03 0.35 0.10
11. シックスコア 0.47 0.14 0.29 0.09
12. wpXレンタルサーバー(キャッシュ無効) 0.47 0.15 0.43 0.21
13. エックスサーバー(PHP5) 0.47 0.12 0.23 0.03
14. ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
15. エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
16. ファイアバード(PHP7) 0.62 0.32 0.38 0.20
17. ヘテムル(PHP7/Module) 0.62 0.11 0.40 0.04
18. Z.com WordPress(キャッシュ無効) 0.62 0.12 0.38 0.05
19. エックスドメイン(PHPサーバー) 0.62 0.26 0.34 0.10
20. JETBOY(PHP5) 0.63 0.03 0.32 0.03
21. ミニバード(PHP7) 0.63 0.33 0.37 0.18
22. KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
23. ヘテムル(PHP7/CGI) 0.66 0.12 0.39 0.05
24. GMO WP Cloud 0.66 0.22 0.66 0.23
25. Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
26. MixHost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
27. Z.com(PHP7/CGI) 0.70 0.09 0.51 0.07
28. ファイアバード(PHP5) 0.71 0.33 0.37 0.18
29. Webcrow 0.71 0.30 0.35 0.11
30. さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
31. クローバー 0.75 0.31 0.56 0.29
32. ミニバード(PHP5) 0.75 0.37 0.37 0.16
33. ロリポップ!(モジュール) 0.80 0.16 0.37 0.06
34. X2 0.83 0.39 0.34 0.15
35. コアサーバー(PHP7) 0.84 0.26 0.74 0.16
36. MixHost(PHP7) 0.84 0.14 0.67 0.06
37. CPI(PHP7) 0.85 0.06 0.67 0.05
38. バリューサーバー(PHP7) 0.88 0.16 0.61 0.10
39. Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
40. スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
41. CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
42. MixHost(PHP5) 0.93 0.16 0.67 0.06
43. FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
44. ロリポップ!(CGI) 0.95 0.16 0.39 0.07
45. ドメインキング(PHP5/FastCGI) 0.97 0.40 0.42 0.07
46. コアサーバー(PHP5) 1.00 0.31 0.77 0.14
47. Z.com(PHP5/CGI) 1.04 0.77 0.53 0.11
48. アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
49. バリューサーバー(PHP5) 1.10 0.16 0.60 0.10
50. Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
51. ロリポップ!(ライトプラン) 1.44 1.30 0.51 0.67
52. WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
53. XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
54. WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
55. FC2レンタルサーバー(PHP5/FastCGI) 2.72 0.67 2.41 0.66
56. フレンドサーバー(PHP5/FastCGI) 2.90 0.51 2.52 0.43
57. フレンドサーバー(PHP7/FastCGI) 2.92 0.53 2.57 0.36
58. お名前.com(PHP7) 3.18 2.34 0.71 0.18
59. お名前.com(PHP5) 3.30 2.47 0.72 0.18
60. iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
61. ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
62. JETBOY(旧サービス) 4.56 0.31 4.24 0.34
63. FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81
64. Hostinger 8.05 3.08 7.82 3.23
65. スタードメイン 0.00 0.00 0.34 0.15
66. FC2ホームページ 0.00 0.00 6.13 0.45

当サイトで測定済みのレンタルサーバーとの比較です。詳細は各リンク先を確認してください。

測定結果(未加工データ)

  動的ページ 静的ページ
3秒以上 0.02% (1) 0.02% (1)
中央値 0.22秒 0.54秒
平均値 0.25秒 0.43秒
ばらつき/標準偏差 0.13秒 0.21秒

測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス(プラン)に対して多数のサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他ユーザーの負荷も影響します。

関連記事