選べる証明書!Zenlogicなら無料で常時SSL化が可能です

Zenlogic(ゼンロジック)はSSLサーバー証明書を標準装備としており、基本料金だけでWebサイトをSSL対応とすることができます。さらに、自動更新に対応しているため、最初に一回だけ設定してしまえばユーザーによる更新作業は不要です。2種類の無料証明書が用意され、非常に使い勝手のよいサービスとなっています。

ZenlogicはSNI SSL(TLS拡張)に対応しているため、ドメインごとに証明書を設定できます。他社のように有料オプションの固定IPアドレスが不要であり、基本料金だけで全てのサイトをSSL化することができます。

標準独自SSL
シマンテックグループであるジオトラスト(GeoTrust)のRapidSSLをベースにした、Zenlogic独自の証明書です。
Let’s Encrypt
独自ドメインの所有者であれば、誰でも簡単に取得できる無料の証明書です。

どちらもドメイン認証型の証明書であり、大きな違いはありません。信頼性をさらに高めるなら、企業認証型やEV認証型の証明書が必要となります。しかし、個人で契約できるのはドメイン認証型だけなので、個人サイトならこれらの証明書で十分です。

GoogleはSSL対応サイトの評価を優遇することを公表しており、これからは常時SSLが当たり前の時代となります。標準でSSLサーバー証明書を備えるZenlogicは、おすすめレンタルサーバーの一つとなるでしょう。

証明書の更新について

Zenlogicで取得した証明書は自動更新に対応しているため、一度設定してしまえば更新作業は不要です。

当然ですが、他社から持ち込んだ証明書はユーザーで管理する必要があります。

証明書を取得する

まず証明書を取得しましょう。もちろん無料です。

取得前に
証明書を適用するドメインが有効になっている必要があります。そのドメインでZenlogicのサーバーにアクセスできるように、ドメインの設定を済ませておきましょう。
Zenlogicのネームサーバーを利用している必要があります。
  • カスタマーポータルにログインします。
  • クイックメニューの「お申込み」を選択します。
  • サービスお申込み画面が表示されます。
  • SSLサーバー証明書取得・管理の「お申込み」をクリックします。

証明書の選択

最初に説明しましたが、2種類の無料証明書が用意されています。好みで選択するとよいでしょう。

ここではドメインを example.com、証明書を Let's Encrypt として説明します。

標準独自SSL(シマンテック)

Let’s Encrypt

コモンネーム(ドメイン)の入力

  • 証明書を適用するサーバー(契約プラン)を選択します。
  • コモンネームに証明書を設定するドメイン名(example.com)を入力します。
    • もし「wwwあり」でウェブサイトを運営するなら「www.example.com」とします。
    • 無料証明書の場合、「example.com」と「www.example.com」を一つの証明書でカバーできないため、「wwwありなし」の両方でサイトを運営するなら、証明書を別々に取得する必要があります。
  • 「次へ」をクリックします。
  • 確認画面が表示されます。
    • 「ビジネスパートナー情報」は空欄で構いません。
  • 同意事項にチェックして、「次へ」をクリックします。
  • 最終確認画面が表示されます。
  • 間違いがなければ「お申込み」をクリックします。

これで申し込み手続きは完了です。

すぐに「SSLサーバー証明書 Let’s Encrypt お申込み」に関する下記のメールが届きます。

  • Zenlogic申込み受付のご案内
  • Zenlogic設定完了のご案内

カスタマーポータルの「契約一覧」に取得した証明書(Let’s Encrypt)が追加されます。

サーバーの設定

取得した証明書をドメインに設定しましょう。

  • サーバーのコントロールパネルを開きます。
  • メニューの「WEBドメイン設定」を選択します。
  • WEBドメイン設定のドメインリストにある、対象ドメイン(example.com)の「証明書設定」をクリックします。
  • 証明書の設定画面が表示されます。
  • 導入する証明書を選択して「確認」をクリックします。
    • ここでは一つしかないため選択する必要はありません。
  • 確認画面が表示されます。
  • WEBサーバーが再起動されるため、一時的にサイトがダウンします。問題がなければ「設定」をクリックします。

これで全ての設定が完了しました。

証明書の設定画面に戻ると、Let’s Encryptが設定されていることを確認できます。

証明書の動作確認

色々な確認方法がありますが、Webブラウザで簡単に確認してみましょう。

「http」を「https」に変えて、ウェブサイトにアクセスします。今回の例では「https://example.com/」となります。問題なく動作していれば、証明書の情報が表示されます。

これはGoogle Chromeでの表示例となり、ブラウザごとに表示は異なります。

他社で取得したSSLサーバー証明書も導入できます

Zenlogicでは他社で取得した証明書の持ち込みに対応しています。ユーザー自身で作業・管理する必要はありますが、手数料は不要です。

先ほど説明した証明書の設定画面に、持ち込み証明書を登録する機能があります。

詳しくは説明しませんが、証明書(SSL証明書と中間CA証明書)と秘密鍵のファイルをアップロードします。

関連記事