VALUE-SERVER(バリューサーバー)のレンタルサーバーにWordPressをインストールする

手動でのインストール方法もまとめた新しい記事があります。

バリューサーバーにはWordPressやMovable Type Open Sourceを簡単に利用するためのCMSインストール機能が用意されています。手動でインストールする理由がなければ、この機能を利用しましょう。

ただし、他のレンタルサーバーのようにデータベースを自動的に生成することはありません。予めWordPress用のデータベースを作成しておく必要があり、初心者には少しだけ敷居が高いかもしれません。それでもマニュアル通りに操作すれば難しいことではありません。このページでは、少し躓きそうな部分を中心に説明します。

基本的には、バリューサーバーが用意するマニュアルを参考にしてください。

コントロールパネルの操作をすると、反映には3分程度かかりますと表示されます。これはバリュードメインがユーザーの処理をある程度まとめて実行しているからだと思いますが、すぐに反映されないからといって何度も同じ操作を行わないようにしましょう。

コントロールパネルを開く

WordPressのインストールはコントロールパネルから実行できます。バリューサーバーのコントロールパネルへのアクセス方法は2通りです。

  1. バリュードメインのサイトからバリュードメインのアカウントでログインする。
    • 管理画面のサーバーアカウントの登録・管理・購入からVALUE-SERVERをクリックします。
    • VALUE-SERVERアカウントの登録・管理・購入画面が開くので、サーバー設定をクリックします。
  2. バリューサーバーのサイトからバリューサーバーのアカウントでログインする。
    • アカウント名、パスワード、サブドメインを入力・選択して、ログインをクリックします。

コントロールパネル

バリューサーバーのコントロールパネルです。WordPressのインストールは、データベースCMSインストールを利用します。独自ドメインを利用する場合は、ドメインの利用のドメインウェブの設定の操作も必要となります。

データベースの作成

他のレンタルサーバーと異なり、データベースを自動的に生成しないので、予め作成しておく必要があります。

  1. データーベースのMySQLの追加・編集をクリックします。
  2. 対象データベースの選択(ラジオボタン)をクリックします。
  3. WordPress用のデータベース名(例えば、アカウント名_wpなど)を入力します。データベース名はユーザー名も兼ねます。バリューサーバーでは、データベース名=ユーザー名となっています。
  4. パスワードを入力します。確認をクリックすると入力内容を見ることができます。
  5. 文字コードはUNICODE(UTF-8)を選択します。
  6. メモは任意です。何に利用されているか、分かりやすいコメントを入力しておきましょう。
  7. 作成をクリックするとデータベースが作成されます。

ここで入力した情報は、後で必要となるのでメモしておきましょう。

独自ドメインの設定

独自ドメインを利用する場合は、WordPressをインストールする前にドメインの設定が必要です。とりあえず基本ドメイン(—.—.valueserver.jp)で試してから、独自ドメインに移行することもできますが、ファイルやデータベースの操作が必要になったりと少し面倒です。

バリュードサーバーのマルチドメイン機能は比較的柔軟に設定できます。例えば1のように、基本ドメイン用のディレクトリで公開していても、後から独自ドメイン(例:example.com)のアクセス先に変更することもできます。共存も可能なので、両方のURLから同じディレクトリにアクセスすることも可能です。

予め独自ドメインを登録しておけば、2のように独自ドメイン(例:example.com)用のディレクトリが生成されるので、そこにWordPressをインストールすることで、独自ドメイン毎のWordPressを用意することも簡単です。

複数のドメインでWordPressを利用するつもりであれば、予めドメインを登録しておくとよいでしょう。詳しくはバリューサーバーのマニュアルをご覧ください。

こちらも参考になります。

WordPressのインストール

ここでは、基本ドメインと独自ドメインでどのようにインストール方法が変化するかを説明します。

  • 基本ドメイン
    • public_htmlがルートディレクトリとなります。ルートディレクトリにインストールせずにwordpress(別名でも可)とする理由は、下記のページを参考にしてください。
  • 独自ドメイン(example.comの場合)
    • public_html/example.comがルートディレクトリとなります。

特に難しくはなく、インストールしたいディレクトリを間違いなく指定するだけです。複数のWordPressをインストールする場合、うっかり同じディレクトリを指定すると上書きされるので注意が必要です。

インストールをクリックすると、すぐにインストールが完了します。なぜか3.9.1となってしまいましたが、インストール後にアップデートされるので問題ありません。

WordPressの設定

ここからは一般的なWordPressの設定となります。まずWordPressの設定プログラムを実行させるために、ここでの例なら、http://example.s7.valueserver.jp/wordpress/にアクセスします。

または、コントロールパネルのCMSインストールを開き、WordPressのパスにインストール先を入力して開くをクリックすると、WordPressの設定画面が開きます。分かりやすいとはいえないので、URLを直接開くほうが良いと思います。

さあ、始めましょう!をクリックします。

WordPressが利用するデータベース

序盤で作成したデータベースの情報を入力します。データベース名とユーザ名は兼用なので、同じ名前を入力します。データベースのホストとテーブル接頭辞は変更する必要はありません。

テーブル接頭辞については、以下のページを参照してください。

WordPressのサイト設定

  • サイトのタイトル
    • ブログのタイトルとして表示されます。
  • ユーザー名・パスワード
    • WordPressの管理画面にログインするために必要な情報です。忘れないようにメモしておきましょう。
  • メールアドレス
    • WordPressが利用するアドレスです。例えば、あなたのブログにコメントがあった時の通知に利用されます。
  • プライバシー
    • Googleなどの検索エンジンに公開したくなければチェックを外します。

ここに入力した内容は、ログイン後に変更することができるので深く悩む必要はありません。それでもユーザー名とパスワードはセキュリティを考慮して、長めのものにしましょう。

WordPressをインストールをクリックします。

インストール完了

お疲れ様でした!

後はログインをクリックして、WordPressの管理ツールにアクセスして設定を行います。

  • 更新履歴
    • 2015年3月19日: 独自ドメインの記述を追加。

関連記事