40%もの高速化!wpXと同等になるシックスコアのXキャッシュ

シックスコア(SIXCORE)はエックスサーバー社が運営するレンタルサーバーです。シックスコアの特徴はハイスペックサーバーの採用と少ないユーザー収容数であり、一つのサーバーで運用されるサイト数を絞ることで高い安定性を確保しています。少ないユーザーで高性能サーバーを共有するという贅沢な仕様のため、他社と比較するとやや高額な料金設定となっています。

シックスコアは「Xキャッシュ」と呼ばれるキャッシュ機能を標準装備しています。ウェブページのデータをキャッシュし、レスポンスを高速化する仕組みです。シックスコアそのものの性能が高いため、あえてXキャッシュを必要とする場面は少ないかもしれませんが、その効果は絶大です。

ここではXキャッシュの有無によるレスポンスの変化をまとめています。測定結果のみ掲載しているため、測定方法などの詳細は下記を参考にしてください。

Xキャッシュとは

WordPress等のCMSによるウェブサイトにアクセスがあると、PHP等がウェブページを動的に生成します。必要に応じてデータベースにもアクセスします。キャッシュ機能がなければアクセスの度にこの処理が発生します。

「Xキャッシュ」は、アクセス時に生成されたウェブページのデータをサーバーにキャッシュ(一時保存)します。2回目以降のアクセスに対しては、そのキャッシュデータをレスポンスに利用することで高速化を実現します。つまり、プログラムやデータベースの処理が不要となるためレスポンスが向上します。(語弊はありますが)動的ページを静的ページのように処理する仕組みです。

Xキャッシュの設定は「サーバー管理ツール」で行います。ドメインごとの設定となり、キャッシュ対象とするURLとキャッシュ保持時間(秒単位)を指定します。ファイルを指定すればそのページのみ、ディレクトリを指定するとそのディレクトリ以下のページがキャッシュ対象となります。

比較結果

  シックスコア シックスコア(Xキャッシュ) wpX(参考)
有効測定 4,032回 4,032回 4,032回
棄却検定除外 1.26% (51) 1.29% (52) 2.46% (99)
棄却検定閾値 1.17秒 0.72秒 0.50秒
エラー 0% (0) 0% (0) 0% (0)
3秒以上 0.35% (14) 0.10% (4) 0.02% (1)
中央値 0.50秒 0.25秒 0.22秒
平均値 0.47秒 0.29秒 0.24秒
ばらつき/標準偏差 0.14秒 0.09秒 0.05秒
変動係数 29.8% 31.0% 20.8%
測定結果について
測定実行のタイミングによりサーバーやネットワークの状態(混雑具合)が変動します。集計に影響を与える一時的な異常値(外れ値)を棄却検定「Grubbs’ test(α=0.001)」により省いています。これは測定サーバー側の異常を省く意味もあります。
ばらつき(標準偏差)は、レスポンスの 約68%平均値 ± ばらつき に、 約95%平均値 ± ばらつき×2 に収まることを示します。ばらつきが小さいほどレスポンスが安定していることになります。
変動係数は「平均値に対する変動の割合」を示します。平均値が同じであっても変動係数の大きな方が、レスポンスにばらつきがあることになります。
グラフのX軸は7日間を4時間毎に区切ったものです。色の付いている部分は夜間(18:00~02:00)を示しています。

Xキャッシュの効果

Xキャッシュの効果がはっきりと分かる結果となりました。Xキャッシュなしの結果と比較して 「約40%」 の高速化となっています。同時に実施した静的ページ(PHPやMySQLを不使用)とほぼ同等のレスポンス性能となっています。公式サイトでXキャッシュを推奨している印象はありませんが、アクセス数の多いサイトであれば効果が高いでしょう。

比較対象として同社のWordPress専用レンタルサーバー「wpX」の結果も掲載しています。wpXの詳細は下記を参考にしてください。

wpXの特徴は「WordPress専用にチューニングされたキャッシュ機能」であり、他サービスと比較して圧倒的なレスポンス性能があります。しかし、Xキャッシュを有効にしたシックスコアであればwpXの結果に近づけることができます。

シックスコアは汎用的なレンタルサーバーであり、wpXのようにWordPressの利用に限定されません。キャッシュ機能を上手く利用すれば、WordPress以外のアプリケーションもwpX並のレスポンスとすることができます。

あえてWordPress専用となってしまうwpXを選択する必要はないように思えますが、より簡単にキャッシュ機能の恩恵を受けられるのはwpXです。初期状態で有効になっており、WordPress専用の設定が施されているため問題が起きにくくなっています。一般的なのサイト運営であれば意識することもありません。対してシックスコアの場合、ウェブサイトの構造に併せてユーザーが適切に設定する必要があります。

wpXは初期設定のままでも問題がありませんが、多くの設定に対応しています。そのため、特定のページのみキャッシュ対象から除外することも容易です。シックスコア(Xキャッシュ)の設定項目は「ファイルまたはディレクトリの指定(URL形式)」「キャッシュ時間(秒)」のみであり、細かな調整はできません。

wpX 設定項目  
一般キャッシュ時間 トップページや個別記事ページなど通常アクセスが行われるページのキャッシュ時間
静的ファイルのキャッシュ時間 画像や動画など静的ファイルに対するキャッシュ時間
404ページのキャッシュ時間 存在しないページ(404)のキャッシュ時間
スマートフォンのキャッシュ設定 PCからのアクセスとスマートフォンからのアクセスを区別してキャッシュする
Cookieによるキャッシュ対象除外 Cookieに設定した値が存在する場合、キャッシュから除外する
ファイルパスによるキャッシュ対象除外 キャッシュの対象外とするURLのパスの設定
ユーザーエージェントによるキャッシュ対象除外 キャッシュの対象外とするユーザーエージェントの設定

「他のレンタルサーバーとの比較」を見ると分かりますが、wpXとシックスコアはレンタルサーバーの中でも最高クラスのレスポンス性能があります。

料金はwpXが安いため、WordPressしか利用しないのであれば「wpX」、WordPress以外にも利用するなら汎用的な「シックスコア」がおすすめとなります。

キャッシュ機能のデメリット

上級者向けの機能であり「キャッシュに適したページかどうか」をユーザーが見極める必要があります。ブログの記事など、一度生成してしまえば更新の必要のないページに大きな効果があります。サーバーへの負荷も小さくなりメリットしかありません。

しかし、全てのページがキャッシュに適しているわけではありません。例えば、WordPressのダッシュボードをキャッシュ対象とすれば確実に不具合が発生するでしょう。他にもリアルタイム(または短期間)にデータ更新が必要とされるページにも向きません。

サイト運営者に対する大きな問題は、PHPやCSS等を修正しても、キャッシュ内容が優先されるため、キャッシュが更新されるまで過去のデータが表示されることです。もし、デザインや機能を修正する場合は、キャッシュを無効にする必要があります。このことを忘れていると、原因特定に無駄な時間を過ごすことになります。

他のレンタルサーバーとの比較

動的ページ
(PHP&MySQL)
静的ページ
(HTMLのみ)
Grubbs'
test
平均時間 (秒) ばらつき (秒) 平均時間 (秒) ばらつき (秒)
データの無断転載はご遠慮ください。
1. wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
2. wpXレンタルサーバー 0.24 0.05 0.43 0.20
3. WPblog 0.25 0.06 0.26 0.08
4. シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
5. Z.com WordPress 0.37 0.08 0.36 0.05
6. COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
7. エックスサーバー(PHP7) 0.40 0.12 0.23 0.03
8. エックスドメイン(WordPressサーバー) 0.42 0.20 0.40 0.15
9. Sova WP 0.43 0.21 0.43 0.31
10. JETBOY(PHP7) 0.46 0.03 0.35 0.10
11. シックスコア 0.47 0.14 0.29 0.09
12. wpXレンタルサーバー(キャッシュ無効) 0.47 0.15 0.43 0.21
13. エックスサーバー(PHP5) 0.47 0.12 0.23 0.03
14. ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
15. エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
16. ファイアバード(PHP7) 0.62 0.32 0.38 0.20
17. ヘテムル(PHP7/Module) 0.62 0.11 0.40 0.04
18. Z.com WordPress(キャッシュ無効) 0.62 0.12 0.38 0.05
19. エックスドメイン(PHPサーバー) 0.62 0.26 0.34 0.10
20. JETBOY(PHP5) 0.63 0.03 0.32 0.03
21. ミニバード(PHP7) 0.63 0.33 0.37 0.18
22. KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
23. ヘテムル(PHP7/CGI) 0.66 0.12 0.39 0.05
24. GMO WP Cloud 0.66 0.22 0.66 0.23
25. Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
26. MixHost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
27. Z.com(PHP7/CGI) 0.70 0.09 0.51 0.07
28. ファイアバード(PHP5) 0.71 0.33 0.37 0.18
29. Webcrow 0.71 0.30 0.35 0.11
30. さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
31. クローバー 0.75 0.31 0.56 0.29
32. ミニバード(PHP5) 0.75 0.37 0.37 0.16
33. ロリポップ!(モジュール) 0.80 0.16 0.37 0.06
34. X2 0.83 0.39 0.34 0.15
35. コアサーバー(PHP7) 0.84 0.26 0.74 0.16
36. MixHost(PHP7) 0.84 0.14 0.67 0.06
37. CPI(PHP7) 0.85 0.06 0.67 0.05
38. バリューサーバー(PHP7) 0.88 0.16 0.61 0.10
39. Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
40. スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
41. CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
42. MixHost(PHP5) 0.93 0.16 0.67 0.06
43. FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
44. ロリポップ!(CGI) 0.95 0.16 0.39 0.07
45. ドメインキング(PHP5/FastCGI) 0.97 0.40 0.42 0.07
46. コアサーバー(PHP5) 1.00 0.31 0.77 0.14
47. Z.com(PHP5/CGI) 1.04 0.77 0.53 0.11
48. アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
49. バリューサーバー(PHP5) 1.10 0.16 0.60 0.10
50. Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
51. ロリポップ!(ライトプラン) 1.44 1.30 0.51 0.67
52. WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
53. XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
54. WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
55. FC2レンタルサーバー(PHP5/FastCGI) 2.72 0.67 2.41 0.66
56. フレンドサーバー(PHP5/FastCGI) 2.90 0.51 2.52 0.43
57. フレンドサーバー(PHP7/FastCGI) 2.92 0.53 2.57 0.36
58. お名前.com(PHP7) 3.18 2.34 0.71 0.18
59. お名前.com(PHP5) 3.30 2.47 0.72 0.18
60. iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
61. ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
62. JETBOY(旧サービス) 4.56 0.31 4.24 0.34
63. FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81
64. Hostinger 8.05 3.08 7.82 3.23
65. スタードメイン 0.00 0.00 0.34 0.15
66. FC2ホームページ 0.00 0.00 6.13 0.45

当サイトで測定済みのレンタルサーバーとの比較です。詳細は各リンク先を確認してください。

測定結果(データのみ)

データのみ掲載しておきます。

棄却検定適用データ

  動的ページ 静的ページ
有効測定 4,032回 4,032回
棄却検定除外 1.29% (52) 1.81% (73)
棄却検定閾値 0.72秒 0.65秒
エラー 0% (0) 0% (0)
3秒以上 0.10% (4) 0.07% (3)
中央値 0.25秒 0.25秒
平均値 0.29秒 0.28秒
ばらつき/標準偏差 0.09秒 0.07秒

未加工データ

  動的ページ 静的ページ
3秒以上 0.10% (4) 0.07% (3)
中央値 0.25秒 0.25秒
平均値 0.31秒 0.29秒
ばらつき/標準偏差 0.20秒 0.19秒

測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス(プラン)に対して多数のサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他ユーザーの負荷も影響します。

関連記事