レンタルサーバーJETBOYのスペックが大幅に向上しました

7月13日よりJETBOYのプラン内容が改訂されます。詳しく比較表をご覧ください。

プラン ミニ ファースト スタンダード プレミアム
月額料金 980円 1,980円 2,980円 > 3,500円 3,980円 > 4,980円
年間一括契約 9,800円 19,800円 29,800円 > 35,000円 39,800円 > 49,800円
初期費用 1,500円 3,500円 5,500円 6,500円 > 7,500円
ディスク容量 5GB > 20GB 10GB > 40GB 20GB > 80GB 30GB > 120GB
マルチドメイン 10個 > 無制限 20個 > 無制限 40個 > 無制限 60個 > 無制限
データベース 10個 20個 40個 60個
転送容量 無制限 無制限 無制限 無制限

最も大きな変化は データセンターが国内に移行 したことです。非常にサーバー性能の高いサービスでしたが、海外データセンターであるためレスポンス速度に問題がありました。国内データセンターで運用されることにより、大幅にレスポンスが向上しています。もちろん従来通り法律の範囲内でアダルトサイトの運営が可能です。

全てのプランで マルチドメイン無制限対応 となりました。ディスク容量の増加幅を見ると、下位プランと上位プランで明確な差をつけたように思えます。

スタンダードプランとプレミアムプランの料金が引き上げられましたが、ディスク容量が大幅に増加しており、大規模かつ多くのサイト運営に適したプランとなりました。

ミニプランとファーストプランは 料金据え置き でディスク容量が増加しており、かなりお得感が増しています。手頃な料金であり個人利用なら非常におすすめのプランとなりました。

他社と比較すると料金とディスク容量が釣り合っていない感じがするかもしれません。JETBOYではストレージに高速なSSDを利用しており、HDDと比較すれば容量単価が高額です(サーバー向けは特に)。そもそもSSD採用のレンタルサーバーが少ないため、それもJETBOYの特徴です。サーバーの性能も非常に高く、特に割高な訳ではありません。

JETBOYの詳細についてはレビューも参考にしてください。

追記
お知らせでは7月13日から料金改定となっているはずですが、公式サイトも申し込み画面も旧料金のままとなっています。ドメイン数とディスク容量は変更されているため、価格は据え置きとなったのでしょうか?