40社以上のレンタルサーバーを対象としたサーバーの処理性能ランキング

hostingstockで測定した各レンタルサーバーの処理性能をまとめたものです。レンタルサーバー選びの材料として利用してください。

最新の測定結果を優先的に掲載しており、過去の測定結果については各レンタルサーバーのレビューより確認することができます。各結果の測定方法や考察などの詳細はリンク先で確認できます。

この結果を参考にする際の注意ですが、処理性能が高くてもそれがウェブサイトのレスポンス速度に直結しません。レスポンス性能はサーバーの処理性能だけではなく、ネットワーク(バックボーン)など、データセンターの品質も大きく関係します。また、法人向けサービスなど、非常に高性能なサーバーを採用していても「意図的に」レスポンスを遅くしていることもあります。それはレスポンス速度よりも「安定性」を目的にリソースを調整しているためです。

この測定結果だけでなく、ウェブサイトのレスポンスランキング も参考にして、レスポンス速度と安定性のバランスのとれたサービスを選びましょう。

測定結果

データの無断転載を禁じます。
公式サイト Webサーバー PHP&DB
環境など 平均時間
(ミリ秒)
標準偏差
(ミリ秒)
除外 平均時間
(ミリ秒)
標準偏差
(ミリ秒)
除外
1. エックスドメイン
WordPress PHP7/FastCGI
1874 156 24 725 109 18
2. スターサーバー
PHP7
2027 1074 12 670 119 123
3. ミニバード
PHP7/FastCGI
2161 339 55 0 0 0
4. ドメインキング
PHP5/FastCGI
3389 262 11 0 0 0
5. FUTOKA
SSD, PHP7/CGI
3429 276 86 2831 119 5
6. さくらインターネット
PHP7/CGI
4271 351 11 0 0 0
7. IQサーバー
PHP5/Module
5405 242 12 0 0 0
最新のデータを優先的に表示するため、記事の内容と異なることがあります。その場合は、最新の記事を参考にしてください。

測定方法

WordPressを設置したウェブサイト(サーバー)を利用します。

  • 「ランダムな3,000文字/記事」の投稿と削除
    • 100記事をまとめて投稿、投稿後に全削除
    • 1記事ごとの生成処理を含む
  • 投稿と削除はWordPressの標準関数を利用
    • wp insert post、wp delete post
  • 測定期間
    • 72時間(3日間)

これらの処理を 5分間隔 で実行し、一連の処理時間を測定します。つまり、 PHPとデータベースの処理性能 を確認します。データセンター内(またはサーバー内)で完結する処理なので、外部ネットワーク環境の影響を受けません。

測定結果について

測定実行のタイミングによりサーバーやネットワークの状態(混雑具合)が変動します。集計に影響を与える一時的な異常値 (外れ値) を棄却検定 Grubbs’ test(α=0.001)により省いています。表の「棄却検定」にチェックがあれば適用済みの結果です。

メモ
このページは新しい測定結果が追加されると自動的に更新されます。
このランキングにあるレンタルサーバーは 共用サーバー です。契約時に割り当てられるサーバーによっては、他のサイト(契約者)の影響を受けレスポンスや安定性が大きく変化する可能性があります。
一般的に安いサービスほど負荷に強くありません。レスポンス性能と基本料金のバランスで選ぶことが重要です。

関連記事

BLOG

UPDATE