ばらつきはあっても高性能!エックスドメインのファイル転送性能レビュー

レンタルサーバーを選ぶときに、ファイル転送性能を気にする人はほとんどいません。 特にWordPress等のCMSでWebサイトを運営するなら、FTP等の利用頻度は低く、たまに利用するだけなら気にする必要もありません。

しかし、独自Webサイトの開発など、頻繁にファイルを更新する用途であれば、ファイル転送性能も重要な検討項目です。レンタルサーバーを選ぶときの絶対的な条件ではありませんが、あらかじめ確認しておけば後悔することもないでしょう。

エックスドメイン(Xdomain)の全てが分かる
エックスドメインのレビュー

測定方法

アップロードとダウンロードに要する時間を測定します。

  • PythonのFTP関数(ftplib)を利用し、スレッドにより最大3つのファイルを並列転送します。
  • ファイル数は51個、ファイルサイズは計2.5MB
    • Webサイトの表示速度測定用のコンテンツ(ファイル群)を利用します。

レンタルサーバーがこれ以上の同時接続を許可していて、FTPクライアントも並列転送に対応していれば、この結果より早く転送できることになります。より詳しい内容は下記を参考にしてください。

測定期間

測定期間は 7日間 とし、6分ごとの測定で約1,600回となります。

一度きりの測定では全く意味がないため、一定期間の継続した測定を行っています。 継続測定により、ネットワークやサーバーの負荷が変動する日中、夜間、深夜の差を確認することもできます。 いつでも安定していれば、ネットワーク性能が優秀であることを推測できます。

測定経路

当然ですがエックスドメインのサーバーは、エックスサーバーと同じデータセンターで運用されています。 つまり、さくらインターネットの大阪データセンターとなります。

経路図は測定元からデータセンターまでのネットワークを示しており、経由するIX(インターネットエクスチェンジ)等を含みます。

測定環境
測定専用サーバー / Ubuntu 16.04 LTS
ネットワーク / K-Opticom(関西電力)、関西圏(赤い円内)

測定結果

  アップロード ダウンロード
有効測定数 1,538 1,646
除外数 (割合)
異常値 (標準偏差) [ミリ秒]
130 (7.79%)
1483 (485)
29 (1.73%)
2293 (752)
エラー (割合) 0 (0%) 0 (0%)
中央値 [ミリ秒] 735 766
平均値 [ミリ秒] 754 838
標準偏差 [ミリ秒] 63 195
測定結果について
サーバーやネットワークの負荷状態による、一時的な異常値(外れ値)を棄却検定(Grubbs' test α=0.001)により省いています。未加工のデータを最後に掲載しています。
異常値は棄却検定により除外されたデータの平均値です。
標準偏差(ばらつき)は、転送時間の「約68%が平均値 ± x1」に、「約95%が平均値 ± x2」に収まることを示します。値が小さいほど安定します。

エックスドメインの評価

当然かもしれませんが、測定方法の異なる以前の評価結果と同じような傾向となりました。 WordPressサーバーを利用した結果ですが、他のサーバー(PHP/MySQLなど)でも大きな差はないでしょう。

夜間帯に転送速度が落ちる傾向にありますが、それでも他社と比較すれば十分な性能を維持しています。 ダウンロードについては、インターネットの利用者が増える正午付近にも遅延が発生しています。

ただし、アップロードの異常値が多い点は気になります。 約8%が平均値より極端に遅いことになりますが、異常値の平均は約1.5秒です。 とは言え、遅延時でも他社と比較すれば十二分な速度であり、時間帯を問わず気になることはないでしょう。

無料と考えれば十分な性能であり、安価なレンタルサーバーを上回ります。

他社との比較

比較結果について
「除外数」は棄却検定により除外された異常値の数あり、平均値から大きく離れたデータ数を示します。単純に多いから悪いとは言えないため、測定記事を参照することを強くおすすめします。

未加工データ

  アップロード ダウンロード
中央値 [ミリ秒] 738 767
平均値 [ミリ秒] 810 862
標準偏差 [ミリ秒] 244 286

測定結果について
レンタルサーバーは1つのサービス(プラン)に対して多くのサーバーが運用されており、全てを評価することは不可能です。さらに共用サーバーの場合、処理性能は他サイトの負荷に大きく左右されるため、間違いなく当たり外れが存在します。hostingstockで公開している結果はそれらのうちの一つに過ぎませんが、良い結果でも悪い結果でもそのまま掲載します。悪い結果であっても事業者側が「許容範囲内の品質」として提供したサービスである以上、特別な理由がない限り別サーバーでの再測定は行いません。

関連記事

BLOG

UPDATE