最新ハードウェアとPHP7でトップクラスの処理性能!MixHostのベンチマーク結果

MixHost(ミックスホスト)は国内で初めてウェブサーバーに「LiteSpeed」を採用したレンタルサーバーです。ユーザーが操作する部分ではないため意識することもありませんが、一般的に採用されているApacheやNginxより実行速度が優れると言われます。コストパフォーマンスの高さも特徴であり、詳しくは MixHostのビュー を参考にしてください。

MixHostは新しいサービスということもあり、ハイスペックなハードウェアを採用しています。レンタルサーバーを検討する際、重要なポイントはウェブサイトの表示速度です。レスポンスが悪ければ訪問者にストレスを与え、さらに検索エンジンの評価も下がります。もう一つは処理性能であり、表示速度はもちろんのこと高負荷時(アクセス増加時)の安定性に影響します。

ここではMixHostの処理性能を評価した結果を掲載します。サーバーの処理性能はレスポンス性能や安定性能に大きく影響するため、レンタルサーバー選びでは重要な要素です。

測定方法

WordPressをインストールしたウェブサイト(サーバー)を利用します。

  • 「ランダムな3,000文字/記事」の投稿と削除
    • 100記事をまとめて投稿、投稿後に全削除
    • 1記事ごとの生成処理を含む
  • 投稿と削除はWordPressの標準関数を利用
    • wp_insert_post、wp_delete_post

これらの処理を 5分間隔 で実行し、一連の処理時間を測定します。つまり、 PHPとデータベースの処理性能 を確認します。データセンター内(またはサーバー内)で完結する処理なので、外部ネットワーク環境の影響を受けません。

負荷について
100件程度は大した負荷ではありません。しかし、共用サーバーなので高負荷とならないように、1件ごとにwait処理を差し込んでいます。

測定結果

  PHP7.0 PHP5.6
有効測定数 864 864
棄却検定除外 3.36%(29) 1.74%(15)
棄却検定閾値 3.20秒 4.78秒
エラー 0%(0) 0%(0)
中央値 2.13秒 2.96秒
平均値 2.17秒 3.03秒
ばらつき 0.24秒 0.38秒
変動係数 11.1% 12.5%
測定結果について
72時間(3日間) の測定結果です。X軸は時刻(0時~24時)を表し、各時刻の値は3日間の平均値です。有効測定数はエラーを省いた実測定数です。
測定のタイミングによりサーバーの負荷状態(混雑具合)が変動します。集計に影響を与える一時的な異常値(外れ値)を棄却検定「Grubbs’ test(α=0.001)」により省いています。
ばらつき(標準偏差)は、処理の 約68%平均値 ± ばらつき に、約95%平均値 ± ばらつき×2 に収まることを示します。つまり、ばらつきが小さいほど処理性能が安定しているといえます。

MixHostの評価

PHP7.0とPHP5.6とで測定しています。

やはりPHP7.0の実行速度が優れており、3割弱の改善を確認できます。t検定による有意差(p<0.01)も確認でき、互換性の理由がなければPHP7を使用するべきでしょう。当然ですが、ウェブサイトの表示速度もPHP7に変更することで改善されます。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

ページ最後に未加工データを含む各バージョンの結果を掲載しています。棄却検定を適用しなくても、時間帯による変動は少なく処理速度が安定していることが分かります。

深夜帯にばらつき(除外データ)が集中しており、おそらく訪問者の影響ではなくCronによる負荷があることを推測できます。CloudLinux採用により、他ユーザーの影響を受けにくい環境となっていますが完全ではありません。もちろん、他のサービスと比較すれば安定性に大きな差があります。

この測定結果はスタンダードプランのものです。MixHostはプランごとにリソースの割り当てが異なるため、安定性能や処理性能に差があります。訪問者の多いサイトや一つのアカウント(契約)で多くのサイトを運営するなら、上位プランを選択するとよいでしょう。

プラン エコノミー スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス
CPU 仮想1コア 仮想2コア 仮想3コア 仮想4コア 仮想5コア
メモリ 512MB 1GB 2GB 4GB 6GB

KAGOYA、JETBOY、FUTOKA、XSERVERとの比較

  MixHost PHP7 KAGOYA PHP5 JETBOY PHP7 FUTOKA PHP5 XSERVER PHP7
有効測定数 864 862 864 864 864
棄却検定除外 3.36%(29) 0.58%(5) 0.58%(5) 0.81%(7) 1.27%(11)
棄却検定閾値 3.20秒 9.38秒 3.56秒 4.49秒 3.41秒
エラー 0%(0) 0%(0) 0%(0) 0%(0) 0%(0)
中央値 2.13秒 6.49秒 2.15秒 3.15秒 2.23秒
平均値 2.17秒 6.52秒 2.18秒 3.10秒 2.28秒
ばらつき 0.24秒 0.76秒 0.30秒 0.31秒 0.25秒
変動係数 11.1% 11.7% 13.8% 10.0% 11.0%
変動係数
変動係数は「平均値に対する変動の割合」を示します。平均値(処理時間)が同じであっても変動係数が大きい方の処理時間がばらつくことになります。

他社サービスと比較してみましょう。

比較対象はアダルトサイト対応の、KAGOYA(カゴヤ)、JETBOY(ジェットボーイ)、FUTOKA(フトカ)です。これらに高性能かつ人気も高いXSERVER(エックスサーバー)を加えています。

KAGOYAとFUTOKAはPHP5の結果です。それぞれPHP7に変更することで1割〜2割程度の改善を期待できますが、ハードウェア性能を覆すほどではありません。

どうしても目立ってしまうのはKAGOYAの遅さです。理由は単純であり、KAGOYAのサーバースペックが低いためです。

それぞれのハードウェアスペックは以下の様になっています。

Specs CPU メモリ データベース
MixHost Xeon E5-2620 v3 2.40GHz x2 32GB localhost
KAGOYA Xeon E3-1230 v5 3.40GHz 16GB 別の専用サーバー
FUTOKA Xeon L5520 2.27GHz 24GB localhost
XSERVER Xeon E5-2640 v4 2.40GHz x2 96GB 別の専用サーバー
JETBOY Xeon E5-2690 v3 2.60GHz x2 64GB localhost

公表されているものもあれば、独自に調査したものもあります。それぞれ2016年8月以降の契約時に割り当てられたスペックです。

注意
レンタルサーバーは数多くのサーバーで運用されているため、全てが同じスペックとは限りません。

各CPUの詳細については触れませんが、やはりMixHost、JETBOY、XSERVERのハードウェアが優秀です。

いくらカタログスペックが優れていても、多くのユーザー(契約者)を詰め込めば相対的に処理性能は低下します。つまり、仕様だけでは本当の性能は分かりません。これらのサービスは測定結果も優秀であり文句の付けようがありません。

MixHostは「SSLサーバー証明書を標準装備」や「初期費用無料」など、コストパフォーマンスが高さが特徴です。ウェブサイトの表示速度も平均以上であり、誰が利用しても満足度の高いサービスとなっています。あえて気になる点を挙げれば、サービス開始間もないため長期運用時の安定性が未知数ということでしょうか。とはいえ、サーバー管理はデータセンターの仕事です。MixHostはさくらインターネットのデータセンターを採用しており、安定性の問題はほとんどないでしょう。

比較対象サービスのレビュー
KAGOYA / JETBOY / FUTOKA / エックスサーバー

他のレンタルサーバーとの比較

データの無断転載を禁じます。
プロバイダ
公式サイト
環境 平均値
(秒)
中央値
(秒)
標準偏差
(秒)
エラー
(%)
1. CPI 1.70 1.67 0.07 0.00
2. wpXレンタルサーバー PHP7/CGI 1.82 1.83 0.22 0.00
3. エクスクラウド 1.94 1.95 0.07 0.00
4. Z.com PHP7/CGI 2.02 2.00 0.14 0.00
5. バリューサーバー PHP7 2.15 2.12 0.32 0.00
6. WADAX 2.16 2.17 0.08 0.00
7. MixHost PHP7 2.17 2.13 0.24 0.00
8. JETBOY 2.18 2.15 0.30 0.00
9. wpXクラウド 2.24 2.25 0.28 0.00
10. エックスサーバー PHP7/FastCGI 2.28 2.23 0.25 0.00
11. wpXレンタルサーバー PHP5/CGI 2.40 2.41 0.27 0.00
12. Z.com PHP5/CGI 2.41 2.39 0.15 0.00
13. Quicca 2.52 2.43 0.33 0.00
14. コアサーバー PHP7 2.71 2.68 0.34 0.00
15. Hostinger 2.72 2.66 0.37 0.00
16. シックスコア PHP7/FastCGI 2.73 2.70 0.30 0.00
17. エックスサーバー PHP5/FastCGI 2.73 2.68 0.27 0.00
18. アルファメール 2.86 2.86 0.09 0.00
19. MixHost PHP5 3.03 2.96 0.38 0.00
20. FUTOKA 3.10 3.15 0.31 0.00
21. ヘテムル PHP7/Module 3.11 3.12 0.08 0.00
22. エックスドメイン PHP&MySQL 3.11 3.01 0.33 0.00
23. FC2レンタルサーバー 3.13 3.14 0.07 0.00
24. ドメインキング PHP5/FastCGI 3.14 3.09 0.21 0.00
25. ラクサバ 3.14 2.90 0.63 0.00
26. WPblog 3.14 2.96 0.68 0.00
27. ヘテムル PHP7/CGI 3.19 3.19 0.13 0.00
28. Zenlogic 3.20 3.18 0.11 0.00
29. コアサーバー PHP5 3.51 3.47 0.39 0.00
30. シックスコア PHP5/FastCGI 3.61 3.60 0.40 0.00
31. クローバー 3.64 3.60 0.29 0.00
32. エックスドメイン WordPress 4.18 3.89 1.09 0.00
33. お名前.com PHP7 4.22 4.07 0.47 0.00
34. スマイルサーバ 4.22 4.27 0.30 0.00
35. Sova WP 4.42 4.43 0.18 0.00
36. X2 4.50 4.47 0.58 0.00
37. ロリポップ! PHP5/CGI 4.56 4.45 0.56 0.00
38. お名前.com PHP5 4.96 4.86 0.45 0.00
39. ロリポップ! PHP5/Module 5.12 4.96 0.80 0.00
40. フレンドサーバー PHP7 5.16 4.24 2.23 0.00
41. ちゅらうみレンタルサーバー 5.18 4.69 1.24 0.00
42. COREPRESS Cloud 5.25 5.21 0.32 0.00
43. ファイアバード PHP7 5.25 5.17 0.37 0.00
44. FC2 Lite 5.31 5.32 0.11 0.00
45. バリューサーバー PHP5 5.31 5.23 0.56 0.00
46. ミニバード PHP7 5.67 5.52 0.74 0.00
47. さくらインターネット 5.71 5.59 0.45 0.00
48. ファイアバード PHP5 5.88 5.80 0.36 0.00
49. iCLUSTA+ 6.05 5.92 0.58 0.00
50. フレンドサーバー PHP5 6.45 5.15 2.64 0.00
51. ミニバード PHP5 6.45 6.33 0.77 0.00
52. KAGOYA 6.52 6.49 0.76 0.00
53. Z.com WordPress PHP5/FastCGI 6.64 6.67 0.33 0.00
54. Bizメール&ウェブ エコノミー 6.90 6.91 0.13 0.00
55. ロリポップ! ライト 7.41 6.93 2.16 0.00
56. Webcrow 8.30 7.31 3.55 0.00
57. XREA 14.40 9.34 14.00 0.00
最新のデータを優先的に表示するため、記事の内容と異なることがあります。その場合は、最新の記事を参考にしてください。

hostingstock.netで測定した他レンタルサーバーとの比較です。

注意
最新の測定結果を優先的に表示するため、記事作成時の評価とこの比較結果(表のデータ)が異なる可能性があります。

バージョン別データ

PHP5.6

結果 有効測定数 除外数 棄却閾値 エラー 中央値 平均値 ばらつき
Raw(未加工) 864回 0%
(0回)
2.96秒 3.07秒 0.51秒
棄却検定 1.74%
(15回)
4.775秒 2.96秒 3.03秒 0.38秒

PHP7.0

結果 有効測定数 除外数 棄却閾値 エラー 中央値 平均値 ばらつき
Raw(未加工) 864回 0.00%
(0回)
2.13秒 2.24秒 0.50秒
棄却検定 3.36%
(29回)
3.195秒 2.13秒 2.17秒 0.24秒

測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス(プラン)に対して多くのサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他のユーザーの負荷も影響します。

関連記事